ご挨拶

代表挨拶

oshima

代表取締役 大島 祥貴

㈱米国特許翻訳社のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当社は、少数精鋭の専門スタッフにより構成され、他の翻訳会社とは一線を画したユニークで高品質な特許翻訳サービスをご提供しております。

私は、米国特許事務所において技術者として勤務し、日本企業の米国特許出願や中間処理を多数経験しました。この経験から得た、市販の本には載っていないノウハウを、当社のご提供する米国出願用の明細書翻訳にふんだんに盛り込んでいます。

審査に通りやすいように読みやすく、理解しやすく、見た目(形式)の印象をよくするのはもちろん、特許付与後に起こりうる訴訟も考慮した、本格的な英文明細書に仕上げてご提供しております。

米国での特許戦略に力を入れておられる企業様には、きっとお役に立てると確信しております。

また、当社は「高品質な翻訳とは何か」について7つの観点から独自に定義し、これを「高品質ポリシー」としてすべての案件に対して徹底しております。これにより、「忠実な翻訳」が必要と言われているPCT出願の場合でも意味不明な翻訳を排除し、原文の意図が明確に表現された翻訳にするよう努めております。

特許活用における翻訳の重要性

海外で強い特許を取得するには、明細書の翻訳の質が高くなければならないことは明らかです。外国特許庁の審査では、審査官は日本語明細書は読まず(読めず)、翻訳された明細書のみを読んで発明内容を判断します。翻訳が分かりにくいと、発明の内容が審査官にうまく伝わらず、不必要な拒絶理由を引き起こし、無駄な時間とコストを費やすことになりかねません。このように、翻訳が企業の海外特許戦略を左右するといっても過言ではありません。

㈱米国特許翻訳社では、外国の審査官が翻訳だけを読んで発明を正しく明確にイメージできることを目指して翻訳業務に取り組んでいます。具体的には、このような翻訳にするための具体的な条件を独自に導き出し、高品質ポリシーというルールにまとめて実践しています。

また、特許取得の目的は、多くの場合特許を活用して何らかの利益を得ることです。したがって、㈱米国特許翻訳社では、単に「正確な翻訳」にするだけではなく、特許活用をしやすくするような翻訳をご提供するように努めています。弊社代表は、米国特許事務所勤務時に、多くの出願明細書を作成しました。その際、審査だけでなく訴訟も念頭に置いて明細書を書くように指導され、そのためのさまざまなノウハウを身につけました。当社ではこのノウハウを翻訳に反 映させることで、審査・訴訟を念頭に置いた特許明細書に仕上げ、最終的にクライアントにとって特許活用がしやすくなるようにお手伝いさせていただいております。

経歴

京都工芸繊維大学 工芸科学部(機械工学専攻)卒業

米国特許事務所にて技術者として勤務後、2012年、頼れる知財翻訳会社を目指して(株)VouveIPを設立(2015年9月(株)米国特許翻訳社に社名変更)。

PAGE TOP