終了・米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』

この度、下記の日程にて米国特許セミナーを開催することになりました。

講師は、米国特許弁護士であり、当社ホームページで『米国特許法解説』を連載いただいている小野康英さんです。

小野弁護士に約3時間にわたり、米国特許明細書作成の留意点を語っていただく予定です。

企業の知財部にお勤めの方や、特許事務所で米国を担当している方、翻訳者で一歩進んだ米国式特許クレームを作成できるようになりたい方など、幅広い方々にお越しいただければと思います。

セミナー後には懇親会も予定しています。

参加ご希望の方は、こちらからお申込みください。※定員に達したため、募集を終了しました。

セミナーに関してご質問のある方は、こちらからご連絡ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー名米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』
講師小野康英
(米国弁護士・米国弁理士(限定承認)、日本国弁理士、Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)
詳細な経歴は、以下を参照。
http://bit.ly/2HENSjA
日時2018年5月21日(月)13:30~17:00
会場東京都港区高輪3丁目24番18号
高輪エンパイヤビル
アクセス方法:
山手線 品川駅 徒歩4分
京浜東北線 品川駅 徒歩4分
参加費無料
募集人数20名
概要本セミナーは、米国における特許取得及び特許活用の視点から、
特許明細書(クレームを含む)の留意点を紹介することを目的とします。
留意点には様々なものがありますが、本セミナーでは、特に、
特許取得及び特許活用に重要な影響を及ぼす可能性のある事項を、
判例を踏まえて紹介します。
内容クレーム解釈
―基本ルール
―クレームの記載
―明細書の参酌
特許要件
―クレームの明確性要件
申込み方法下記リンクよりお申込みください。
※定員に達したため、募集を終了しました。
(申込みが多い場合は、抽選とさせていただきます。
予めご了承ください。)

PAGE TOP