内容に踏み込んだ翻訳をする

jitsumu

このところ、早朝から深夜までずっと翻訳をしています。当社では基本的に社内で翻訳をすることにしており、一度に案件が増えすぎて社内で対応しきれなくなった場合にのみ、信頼できる外部の翻訳者さんに翻訳を依頼しています。今は割りと忙しい時期で、私も翻訳者としてフル稼働している上に、外部の翻訳者さんにも目一杯仕事を依頼している状況です。こういうときに更に翻訳依頼がきた場合は、納期を伸ばしてもらうか、それが無理な場合はお断りすることにしています。外部の翻訳者を増やして依頼を受けることも可能ですが、付き合いが浅くまだ実力と人柄がよく分からない翻訳者に仕事を依頼するのは抵抗があります。また、翻訳を外注した場合、必ず社内で翻訳を隅から隅までチェックしており、出来の悪い翻訳だと修正するのに自分たちで翻訳するより時間がかかったりして何をやっているのか分からなくなります。外注した翻訳を文法や訳抜け、形式などのチェックのみ行ってクライアントに納品するという翻訳会社もあると思いますが、それだとここで詠まれている名川柳のようになります。この原因と思われることが、『特許翻訳の実務』という本に書いてあります。

一部の翻訳会社や翻訳者は、迷ったら直訳あるいは逐語訳にするという態度で仕事をしているケースがあるが、直訳や逐語訳をすることによって内容が不明確になったり、かえって内容に意味が追加されたり、ひどい場合は、上の例のように意味が変わってしまう場合さえある。翻訳文において、翻訳先の言語を母語とする人たちが理解できなくなるようなことはあってはならないはずであるにもかかわらず、日本からくる翻訳文は何が書いてあるかさっぱり分からないと現地代理人から言われることが多いのは、このよう一部の翻訳会社や翻訳者の態度によるものである。(p.99)

当社がこのような仕事をすると、クライアントが当社に依頼してくれた意味がなくなり、この会社を始めた意味がなくなります。やはり、1件1件、原文をよく読みよく考え、技術的にも特許的にも内容にまで踏み込んだガチンコ勝負の翻訳をすることが当社の存在意義だと考えています。

“also”が意味すること

also_03

特許英訳において、“also”(意味:likewise, in addition to, too, besides)が使われることがよくあります。例えば、“X may also include Y.”という具合です。しかし、この文章は、“also”があるために2通りの解釈が可能となっており、曖昧だと思います。1つ目の解釈は、Xは、例えばZというものの他にさらにYを備えてもよいという解釈です。多くの場合、この解釈が意図されていると思われます。2つ目の解釈は、X以外の何かがYを備えているのに加えて、XもYを備えてもよいという解釈です。どちらの解釈が意図されているかは文脈から判断できることもあれば、判断できないこともあります。1つ目の解釈が正解に決まっているだろうと思われるかもしれませんが、2つ目の解釈も不可能ではないため、上記表現は権利文書の表現としては好ましくないのではないかと考えています。

一義的に1つ目の解釈になるような表現を考えてみると、“also”をとって“X may include Y.”ではどうでしょうか。“also”の代わりに“further”を使って“X may further include Y.”とすることも考えられますが、この場合、XはYを既に持っていて、さらにもう1つYを備えてもよいという解釈も不可能ではないため、私は“further”にも注意しています。これに関連して、XはZに加えてYを備えてもよいし、Zに代えてYを備えてもよいということを表す場合に、“X may further or instead include Y.”と表現されることがあります。“further”を“also”に置き換えた例もあります(実際、“also or instead”の方が使用例が多いです)。しかし、この文章も上記“X may also include Y.”と同様、“further or instead”が示唆する可能性を文脈から判断するという作業を読み手に強いるため、“X may include Y in addition to or instead of Z.”などにした方がより明確だと思います。2つ目の解釈については別の機会に詳しく書きたいと思います。

米国特許訴訟をテーマにした稀有な映画“Flash of Genius”(『幸せのきずな』)

fog

昨年開いたセミナーにおいて、“Flash of Genius”(邦題:『幸せのきずな』)という映画を紹介しました。これは、米国特許訴訟をテーマにしている非常にめずらしい映画です。Robert Kearnsという大学教授が、自身が発明して特許を取った自動車用間欠ワイパーを無断で使用されたとして、フォード社や(当時の)クライスラー社を相手取り特許侵害訴訟を起こし巨額の賠償金を勝ち取った実話がもとになっています。個人という弱者が大企業という強者に勝つというのはそれだけで興味をそそられる題材ですが、これが実話だというのがこの話をさらに面白くしていると思います。この無謀ともいえる戦いではKearns氏の代理人になってくれる弁護士がおらず、Kearns氏は自分で自分の代理をすることになります。氏が1人図書館に篭り特許の判例研究をするシーンが印象的でした。また、連邦地裁での特許侵害訴訟の模様(もちろん再現)を見ることができ、知財関係者には興味深いところだと思います。

またこの映画では、Kearns氏と家族との関係も丹念に描かれています(邦題が『幸せのきずな』となっているのも分かる気がします)。フォード社から和解の申し出があったにもかかわらず、Kearns氏は発明者としての名誉のために断り、10年以上に渡る訴訟に突き進んでいきます。そのために家族との間に心理的な溝が生じ、氏は家族も代理人もいないという文字通り孤独な戦いを続けていきます。最終的に勝訴したとはいえ、その代償はあまりに大きいと個人的に思いました。

この映画(のDVD)を観ていて、特許翻訳者として気になる点がありました。細かいことをネチネチと取り上げる性格の悪さがバレるのを覚悟で書きますが、私が持っているDVDでは、セリフのなかの“the Patent Office”が字幕では「特許事務所」になっています。文脈から、「米国特許庁」などにしないと意味が通らないところです。が、しかし、その他の部分では非常に簡潔で分かりやすい字幕です。その他の部分では素晴らしい仕事をしているのに、たった1点の間違いについてとやかく言ってしまうこの性格を直したいと思っています。

この映画、ストーリー自体が面白い上に特許英語の勉強にもなるオススメの映画です。

「機械翻訳の現状レポート」

amelia201705-2

翻訳業界誌『Amelia』の2017年5月号に「機械翻訳の現状レポート」という特集記事が載っていました。以前から、日本語をソース又はターゲットとした機械翻訳(MT, Machine Translation)は精度に問題があると言われていましたが、この特集によると、現状でもまだ満足のいくMTはできていないようで、ポストエディットと呼ばれる、人間によるレビューがなくてはならないそうです。現状では、MTは社内用の資料など、高い翻訳品質が求められないものによく使われているとのことです。ちなみに、10年以上前に、私はビル・ゲイツ氏の講演を聞きに行ったことがり、そこでゲイツ氏は、完璧なMTの実現は無理だと思うと言っていました(現在は考えが変わっているかも知れません)。

ここで言うMTは、翻訳を最初から最後まで機械に任せる(任せたい)という意味でのMTだと思われますが、多くの翻訳者にとって、MTは翻訳支援ツール(CAT, Computer Aided Translation, キャット)のことを指します。当社もCATを使うことによって「機械+人間」(p.8)による翻訳をしています。つまり、「辞書を引いたり翻訳メモリ*に当たったりなど機械にできることは機械に任せ、翻訳者は人間にしかできない最終判断や表現のブラッシュアップを行う」(p.4)、「機械と人間が力を合わせて翻訳を仕上げていく」(p.7)という方針を当社も採用しています。

この特集で、遠野和子さんという翻訳者が書かれている『人間にしかできない、状況を判断し意図をくみ取った訳を』(p.8)と題した文章に激しく同意しました。文章の中で、人間が機械に負けない点として、次の3点が挙げてられています。

①文脈をつかみ、言葉ではなく意味を訳す
②状況に合わせて文体や表現を選ぶ
③筆者の意図まで読み込み、くみ取った訳文を書く
(p.8)

そして、①~③の結果、「クライアントから「元の日本語より英訳を読んだほうがわかりやすい」と言われたことがありますが、翻訳者として最上の褒め言葉だと嬉しく思いました」(p.8)と書かれています。原文よりも訳文を読んだ方が意味が分かりやすいというのは、まさに当社が目指してきたことです。遠野和子さんの文章と同様のことを次の記事に書いています。

『人力翻訳の生きる道は「血の通った」翻訳』
http://beikokupat.com/blog/?p=60

運動不足解消のトレーニング

suspensiontrainer

翻訳者は運動不足になりがちです。私もできるだけ運動するように心掛けていますが、これまで飽きてしまったりして途中でやめてしまったトレーニングが数多くあります(ジョギング、ピラティス、加圧トレーニング・・・)。そんななか、最近パーソナルトレーナーにサスペンショントレーニングというものを教えてもらい、これがなかなか面白く、始めてから数週間、一度も休むことなく続けています。サスペンショントレーニングとは、サスペンショントレーナーと呼ばれるベルトのような器具を使った自重トレーニングです(https://en.wikipedia.org/wiki/Suspension_training)。解説動画がYouTubeにたくさんアップロードされています。下の動画では、ジムと思われる場所でトレーニングしていますが、サスペンショントレーナーとちょっとしたスペースがあれば、自宅でもできます。私は自宅用のサスペンショントレーナーを購入し、自宅で毎朝トレーニングしています。

Suspension Training: Full Body 10 Exercise Workout(https://youtu.be/pcFmhpk7D3o

TRX Workout with Inventor Randy Hetrick(https://youtu.be/wrAYPNSOlsU

30 minute Full Body TRX Workout Core Strong(https://youtu.be/ohvltD4Vm1Q

 

“such that”はクレーム限定として弱い

royal2

特許翻訳において、“such that”という表現が頻繁に使用されているのを目にします。“such that”は便利な表現で、物事の状態を説明する際、形容詞を使用することが難しい(使用したくない)ときなどに、“such that”を使って、最終的にどのようになるのかという結果を説明することにより、物事の状態を間接的に説明することができます。『表現のための実践ロイヤル英文法』(pp. 247-248)において、“such that”について次のように解説されています。

<such that …>の形で、形容詞なしで使うこともある。

His pronunciation in Japanese was such that it was practically impossible to understand him.
(彼の日本語の発音は、なかなか聞き取れないものだった)

この例の場合、その「発音」が具体的にどんなものだったのかを、形容詞で表現するのではなく、聞き手[読み手]の想像に任せ、結果(「聞き取れない」こと)を述べるだけである。次の例もそうである。

The force of the explosion was such that it was heard throughout the town.
(その爆発は、爆音が町中に聞こえるくらい力のあるものだった)

“such that”はこのように便利な表現ですが、私は極力使用しないようにしています。なぜかというと、上記解説にあるように、“such that”は「聞き手[読み手]の想像に任せ」る部分があり、説明として「ピンとこない」ことが多いからです。また、“such that”の後は節(S+V…)になり、クレームにおいてこのような形はnarrativeだとして嫌われる傾向にあります。このように、“such that”による限定はクレーム限定としては弱く、私が勤めていた米国知財法律事務所では、クレームリバイズの際、“such that”が使われているとこれをより直接的で分かりやすい表現に書き換えていました。複雑な原文に対してすぐに“such that”(あるいはsuch~that)に逃げるのではなく、“such that”を使わないと決めて、より明快な表現を求めて果敢に挑戦する方が特許翻訳者としてのスキルが上がるのではないでしょうか。

新宿での一日

IMG_20170519_112807

人と会う用事があり、久しぶりに新宿に行きました。新宿に着くと、急遽待ち合わせ時間が変更になり2時間ほど空き時間ができたため、この時間を利用して映画を観ることにしました。『美女と野獣』(実写版)と『帝一の國』という映画が時間的に都合がよく、どちらにするか迷いましたが、『美女と野獣』は過去のアニメ版を観たことがありストーリーを知っていたため、まったく予備知識のなかった『帝一の國』を観ることにしました。『帝一の國』、非常に面白かったです。高校を舞台にした政治闘争がテーマで、『白い巨塔』の教授選を彷彿とさせる一方で、コメディーのため、会場内が終始笑いに包まれていました。

新宿での予定を終えた帰り、ふとブックオフが目にとまり、立ち寄ってみました。英語関連のコーナーで『Hopes, love and dreams in New York』という、かつてNHKラジオで放送されていた英会話講座のテキスト本を見つけ、懐かしくなり思わず購入しました。私が学生のとき、NHKラジオ英会話を3年分しっかりとやれば英語がペラペラになると言われていました。私はこれを信じて毎日番組を録音し、1人ぶつぶつとその日のダイアログを完コピする練習をしたものでした。NHKラジオ英会話シリーズのなかでも、『Hopes, love and dreams in New York』は異色の内容でした。主人公夫婦が別居したり、経営していたレストランが他人に乗っ取られたりと、ストーリー自体が面白かったのを覚えています。主人公である夫が嫌なヤツで、その言動に共感できなかったというのも異色だったと思います。

この日はほぼ一日を新宿で過ごしましたが、尊敬する人の話を聞けたり、いい映画を観れたりと、充実した新宿滞在でした。

 

文系・理工系にかかわらず、特許翻訳者は技術の研究をする必要がある

cse

『3D印刷の現在、将来、そして英語』(http://beikokupat.com/blog/?p=743)において、「同格のコンマ」について触れました。特許翻訳で同格のコンマを正しく使えるようになるためには、何よりもまず、原文において同格の関係を見抜くことができるようになる必要があります。同格の関係を見抜けるためには、原文をよく読むことはもちろんですが、技術内容をしっかりと理解することが重要だと思います。ここが、特に文系出身と言われる特許翻訳者が難しいと感じるところかも知れません。しかし、同格の関係をきちんと英文に示すなどの配慮のできる一流の特許翻訳者になるためには、技術の理解は避けて通れないことです。また、いわゆる理工系出身の特許翻訳者であっても、何でも理解できるわけではないので、同じく技術の研究は必要です(自分は理工系出身だから技術の勉強はしなくていいなどと考えている特許翻訳者はいないでしょう)。

特許の機械分野などに制御系(制御システム)というものがよく出てきます。私は学生のとき制御工学を勉強しましたが、私にとって非常に難しく、理解するのに苦労した覚えがあります。講義で教授の話すことが最初から最後までまったく理解できなかったこともありました。制御工学は微分方程式を理解していることが前提となっており、まずこれをマスターするのに非常に苦労しました。何とか単位は取りましたが、不十分な理解のままで終わってしまい、このことがずっと心残りでした。仕事で制御系の理解が必須となっている今、当時の不十分な理解のままではいい仕事ができないので、自分なりに勉強を続けています。例えば、“Control Systems Engineering”(Norman S. Nise著)という英語圏の大学生向けのテキストを読んだり問題を解いたりしています。また、例えばバイオ分野について、私は大学で基礎科目しか勉強しておらず専門外と言えますが、バイオ分野の特許もしっかりと理解したいので、これも自分なりに勉強しています。例えば、“Molecular Biology of the Cell”(通称「ザ・セル」)という有名な本があり、私はこの本が改定される度に買い直しています。このように、文系・理工系にかかわらず、特許翻訳者は技術の研究も常にする必要があるのではないでしょうか。文系出身の方で、「化学式あるいは積分記号を目にした途端、頭の中が真っ白になります」という方は、そのままではいい仕事はできないと思われるため、毎日の生活の中に少しずつでも技術の勉強を取り入れてみてはどうかと思います。

飛行機で国内移動したら必ず申し込む「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」

IMG_0179

ゴールデンウィークを利用して2泊3日の国内小旅行に行ってきました。初めてプロペラ機(カナダ・ボンバルディア社製Q400)に乗るなどの体験ができ、有意義な休日を過ごすことができました。私は、今回のように飛行機の国内線を利用した際には、いつもデルタ航空の「ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン」というキャンペーンに応募しています。飛行機の国内線に乗ってこのキャンペーンに応募すると、デルタ航空のマイル(スカイマイル)が500スカイマイル必ずもらえます。利用する国内線の航空会社はデルタ航空でなくてもよく、またLCCでも構いません。また、キャンペーン期間が2018年3月31日までとなっていますが、少なくとも私がこのキャンペーンの存在を知った3年前から毎年延長され続けています。500スカイマイルというのは1区間あたりのマイル数で、国内線で往復すると2区間となり1000スカイマイルになります。デルタ航空がなぜこのような太っ腹なキャンペーンをしているのかは分かりませんが、飛行機で国内移動すると必ず500マイルもらえるというのはお得であり、私にとっては、国内線利用後に申込みフォームにチケットの半券を貼ってFAXするのがルーティンになっています。デルタ航空は、エールフランス航空、KLMオランダ航空、ガルーダ・インドネシア航空などが加盟しているスカイチーム・アライアンス(https://www.skyteam.com/ja/about/)のメンバーで、デルタ航空で貯めたスカイマイルをこれらスカイチームメンバーのチケット購入に充てることができます。また、デルタ航空のスカイマイルとは別に、実際に利用した航空会社のマイルも貯めることができ、いわゆる二重取りすることができます(クレジットカード決済にすると、カード会社のポイントも貯まり、三重取りになります)。もちろん、このキャンペーンを利用するためには、まずデルタ航空の会員になる必要があります。

ニッポン500ボーナスマイル・キャンペーン
http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/earn-miles/earn-miles-with-partners/airlines/japan-500-bonus-miles-campaign.html

ムダのない英文と含蓄のある英文とのバランスをとる

newyorker2

普段、私は仕事では分かりやすくムダのない英文を書こうと心掛けています。また、仕事で読む本(洋書)は、技術関連や法律関連などの、比較的「ひねり」の少ないテクニカル・イングリッシュやプレイン・イングリッシュで書かれているものが多いです(例えば、『3D印刷の現在、将来、そして英語』で取り上げた“3D PRINTING”)。分かりやすさやムダのなさは特に文章によるコミュニケーションにおいて重要な要素だと思います。しかし一方で、分かりやすさやムダのなさは深みや味わいを排除しているとも言え、これを追求した生活を送っていると、(これは私だけかも知れませんが)心が薄っぺらくなったような気分になることが時々あります。そんなときに、仕事とは関係のない本や記事を読み含蓄のある英語表現に触れると、心に染み渡るような豊かな気分になります。こういう意味での「良い英文」に時々触れることによって、普段の“Elements of Style”(ムダ排除の極北)のような生活とのバランスをとることも精神衛生上必要なのかも知れません。バランスをとるための心のビタミン剤とも言うべき英文素材として、私はThe New Yorker(http://www.newyorker.com/magazine)という雑誌を定期購読しています。以前はTIME誌を購読していましたが、書いてある内容が個人的に面白くなく楽しめないので止め、ここ数年はThe New Yorkerにしています。記事は決して読みやすくなく、じっくり時間をかけて味わいながら読むタイプの雑誌ですが、普段「モノ」をドライに描写することばかりしている身にとっては、人の心をユニークに描写されているのを見ると、非常に新鮮に感じます。