下町ロケット「ヤタガラス」(一部ネタバレあり)

『下町ロケット』の「ゴースト」に続く新作「ヤタガラス」を読みました。「ゴースト」が続編を期待させるような終わり方だったので、「ヤタガラス」が出ると知ったときは、やっぱりなと思い、発売日に買いました。

「ヤタガラス」を読んで、「ゴースト」で気になっていたことがすべて解消されました。「ゴースト」で伏線を散りばめて読者をモヤモヤさせ、「ヤタガラス」でスカッとさせるという仕組みになっていると思います。おそらく、今月から始まるテレビドラマの新シリーズの内容も、前半が「ゴースト」で、後半が「ヤタガラス」になるに違いありません。

「ヤタガラス」の中心テーマは、意外にも農業です。ヤタガラスとは、帝国重工が開発し、佃製作所がエンジンのバルブシステムを供給している宇宙ロケットの名前です。ヤタガラスで打ち上げた衛星を使って地上の農業用トラクターの位置を追跡し、人間がその位置をPC上で確認しながらトラクターを遠隔操作して無人の状態で農作業を行うというICT農業が今回のテーマです。

「ゴースト」「ヤタガラス」を読んで、農業トラクターのエンジンとトランスミッションの勉強になりました。また、特許を企業の活動を通して見ることができ、これも勉強になりました。「ゴースト」では、フィクションながら、新規性の世界公知により特許が無効になる例も見ることができます。

テレビドラマでは、また小説とは違った面白さがあると思います。特に、トランスミッション開発で非常に重要な役割を果たす天才エンジニアの役を有名芸人さんが演じるということで、今から見るのを楽しみにしています。

第7期の感想

先月は、当社の第7期 期末でした。3月が期末の会社が多いと思いますが、決算月は各会社が自由に決められるので、当社は諸事情により9月が期末になっています。毎年、期末のこの時期に過去一年間を振り返ることが多くなっています。

この一年でいちばん感じたことは、私も会社も、まだまだまだまだ実力と研究が足らないということです。この一年のクライアントとのやり取りや小野康英先生との交流を通して、本気でそう思い、かなり落ち込んだこともありました。

当社の実力は、一般的な特許翻訳者のレベルよりは上だと思います。しかし、実務で本当に通用するレベルには遠く及ばず、このレベルから見ると、当社と一般的な特許翻訳者とのレベルの違いは誤差でしかないのかも知れません。本当に通用するレベルとの(大)差を伸びしろと考えて、第8期もコツコツと頑張っていきます。

「給料30万円の人、いくら稼いでトントンか」

サラリーマンの給料に関する面白い記事を読みました。「給料30万円の人、いくら稼いでトントンか」。サラリーマンは給料の3倍の売り上げがないと会社としては赤字になる、と言われるのを聞いたことがある人は多いと思いますが、記事にはその根拠が具体的に書いてあります。

私はサラリーマン時代、給料の3倍を売り上げなければいけないことをもちろん知っていましたが、実感としては分かっていませんでした。実際、3倍の売り上げを達成した月もあれば、達成しなかった月もあり、達成しなかったからといって危機感のようなものは感じませんでした。会社を始めた今、この記事の内容が身にしみて分かり、サラリーマン時代の私は甘ったれていたと改めて思います。

https://president.jp/articles/-/26292

給料30万円の人、いくら稼いでトントンか

米国特許セミナー@東京・大阪が終了しました

米国特許セミナーが東京、大阪ともに終了しました。今回も、多くの方に参加いただきました。みなさん忙しかったと思いますが、平日の昼に他の予定よりも優先してくださいました(なかには九州から参加した方もいらっしゃいました)。また、多くの方がアンケートで建設的な意見を寄せてくださり、セミナー主催者として勉強になることが多くありました。

私は、5月に開催した同じセミナーを合わせて、計3回同じセミナーを聴講しました。今回のような内容の濃いセミナーは何度も聞くことで血となり肉となっていくのかも知れません。実際、私は毎回しっかりと聞いていたつもりでしたが、毎回新たな発見がありました。

また、今回は久しく会っていなかった方々と再会できたり、新たな出会いがあったりと、予想外の嬉しい出来事がありました。今回は懇親会がなかったので、あまり多くの方と話せなかったのが残念でした。

今回は、小野康英先生が日本に長期滞在されると聞き、無理を言って東京と大阪でのセミナーを行っていただきました。出張中、小野先生は当社以外でも多くのセミナーを行い、その合間に本業の弁護士業をするという過密日程だったそうです。小野先生には感謝しかありません。

元審査官および審判官(17年)から見た米国特許を取得するための有効な方法

知り合いの翻訳者の方に、興味深い記事を教えていただきました。長年USPTOで審査官をしてこられた方による記事で、特許明細書とクレームの書き方について、以下の3点を留意するよう勧めています。

1.テレビショッピングのように、審査官に発明を宣伝して売り込む。
2.明細書では発明の概念をより詳細に説明し、クレーム文言をコピーするような広い意味を持つ言葉を使用しない。
3.最初に製品レベルのクレームを作成し、その後に広いクレームを作成する。

米国特許弁護士 マイク オニール

元審査官および審判官(17年)から見た米国特許を取得するための有効な方法

9月開催の米国特許セミナーについて

9月に開催予定の米国特許セミナーの参加者を抽選で決定し、決定した方にメールを送信しました。東京、大阪とも50人以上の応募があり、会場スペースの都合で30人前後にせざるを得ませんでした。今回参加いただけない方には非常に申し訳なく思っております。

なお、前回のセミナー後にアンケートを実施したところ、特許翻訳の初学者の方から、セミナーの内容が難しかったという趣旨の回答をいただきました。これを踏まえて、今回の募集ページでは、下記の注意事項を記載させていただきました。参加いただく方は、改めて下記を確認いただければ幸いです。

「本セミナーは、参加者各位が実務レベルの英語力及び米国特許法の知識を保有されていることを前提に進められます。たとえば、本セミナーでは、説明自体は日本語で行いますが事例の特許クレームは全て英文で紹介し、また、時間の制約のため、「クレームの前提部・移行句」、「均等論」、「中用権」等の特許用語を、概念説明なく使用します。この点、あらかじめご了承下さい。」

米国特許セミナーの申し込み状況について(2018年9月)

2018年9月14日、9月21日にそれぞれ東京、大阪で開催予定の米国特許セミナーは、おかげさまで、東京、大阪とも申し込みが定員の30名を大幅に超えました(申し込みは27日正午まで受け付けています)。したがって、事前に告知していた通り、両会場とも参加者を抽選にて決めさせていただきます。抽選により参加が決まった方には、2018年8月31日までに連絡を差し上げます。

また、会場スタッフを募ったところ、意外にも多くの方から応募をいただき、驚くとともに感激しています。小所帯でやっている会社なので基本的に人員が足らず、こうやってお手伝いを申し出ていただけるのは本当に助かります。応募いただいた方々、ありがとうございます。

米国特許セミナー@東京、大阪のご案内

今年の5月に開催した米国特許セミナーは、
おかげさまで好評をいただき、
もう一度開催して欲しい、関西でも開催して欲しい
などのご要望をいただきました。

そこで、前回と同じ内容の米国特許セミナーを、
9月に東京と大阪で開催することになりました。

ご案内ページ
http://bit.ly/2MiY4Uj

セミナー名:
米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』

講師:小野康英
(米国弁護士・米国弁理士(限定承認)、日本国弁理士、
Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)

日時・会場
・2018年9月14日(金)13:30~17:00
会場:東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル3階

・2018年9月21日(金)13:30~17:00
会場:大阪府大阪市中央区西心斎橋 1-5-5アーバンBLD心斎橋 9階C号

セミナーの内容:
1.基本ルール
・明細書
・クレーム
2.権利解釈への影響
・クレームの記載
・明細書の記載
3.クレームの明確性要件(特許要件)

応募締め切りが8月27日までとなっております。

東京、大阪の各会場とも、定員が30名となっており、
参加希望者が30名を超えた場合、
参加者を抽選にて決定させていただきます。

抽選により参加が決まった方には、
2018年8月31日までにメールでご連絡差し上げます。

皆様のご応募をお待ちしております。
<会場スタッフの募集>

東京、大阪の各会場において、当日会場の準備などを
手伝っていただける方を若干名募集しています。

会場までの交通費と薄謝を差し上げます。
何より、小野弁護士の講演を聞くことができます。

興味がある方は、下記内容を「edu☆beikokupat.com」まで
お送りください(☆を@に変えてください)。

—————————————
件名:会場スタッフ応募

内容:
お名前:
メールアドレス:
電話番号:
希望会場:東京or大阪
—————————————

オーシャンズ8(一部ネタバレあり)

映画『オーシャンズ8』を観てきました。数年前から、オーシャンズシリーズの女性版が制作されているという噂を聞いていて、オーシャンズファンとしてはとても楽しみにしていました。男性版の『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』では、ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンが中心となって盗賊チームを組織していましたが、今作は、ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が中心となって女性盗賊チームを作るという設定になっています。ジョージ・クルーニーも登場するかも知れないと少し期待していましたが、ダニー・オーシャンは死亡したという設定になっていました(ジョージ・クルーニーは登場しませんでしたが、11~13の他のメンバーが数人登場して、11~13からのファンを喜ばせてくれます)。メンバーが全員女性で、しかも舞台がニューヨークのファッションショーということもあり、華やかさや美しさが全面に出ています。仲間を裏切らない、作戦は基本的に失敗しない、などの点は11~13と共通しており、楽しく観ていられました。また、これも男性版と同じく、オーディエンスは作戦の全貌を最後まで知らされず、エンディング近くになって種明かしが行われるという『スティング』のような作りになっており、かなり緻密な作戦だったことが最後に分かります。ほとんど仕事をしていたお盆でしたが、息抜きにいい映画を観ることができました。