洋書を多読する

3D印刷の現在、将来、そして英語

3dprinting

3D印刷について調べようと思い、“3D PRINTING”(Christopher Barnatt著)という本を読んでみました。3D印刷は、私が学生のときには既に知られており、いずれあらゆるものをプリンタで作れる時代が来ると言われていました。当時は、プリンタから固形物が出てくるというような光景はとても想像できませんでしたが、“3D PRINTING”によると、それが現実になりつつあり、例えば、おもちゃ、金属製品、(半)木製製品、臓器(!)、食品(!)、家(!)といった、本当に「あらゆるもの」が3D印刷で作られ、実用化されようとしています。3D印刷というと、製品の原型を作るためのもの、あるいは製品を作る金型を作るためのもの、といった比較的構造の簡単なものしか作れないというイメージを持っていましたが、現在は、3Dプリンタの多様化と精度向上によって上記例のような最終製品そのものを作るのが主流になりつつあるそうです。

また、現在は産業用の比較的高額な3Dプリンタがマーケットの中心になっていますが、数年後には、$99(日本でいう9,800円)の個人用3Dプリンタがマーケットを席巻し、消費者は自分が欲しいものがあればそれを買うのではなく、スマホアプリを操作して3Dプリンタで作るようになるときがくるのもそう遠くはないだろうと著者は予測しています。これを読んで、非常に楽しみになったのと同時に、3Dプリンタの普及によって仕事を奪われる人も確実に出てくるに違いないと心配にもなりました。もう一つ気になったのは、最新鋭の3Dプリンタを製造しているのは世界中のベンチャー企業が多く、本書で紹介されている企業のなかに日本の企業がほとんど含まれていなかったことです。

3D PRINTING”は、このように3D印刷の現在と将来、そして技術内容を概観できるようになっています。また、洋書のため、3D印刷関連の英語の勉強にもなります。例えば、3D印刷(3D printing)は別名で“Additive Layer Manufacturing”と呼ばれており、additiveが3D印刷のキーワードになっているようです。これは、従来のものづくりが原材料を切削などによって量を減らすことで最終製品を作る、いわゆる引き算(subtractive)のものづくりなのに対して、3D印刷は、薄い層状の原材料を何層にも重ねていくことでゼロから最終製品を作る、いわゆる足し算(additive)のものづくりであることからきていると解説されています。その他にも、“3D print”という表現は、「~を3D印刷する」という他動詞としても、「3D印刷する」という自動詞としても使用されていることが分かりました。また、3D印刷で使われる原材料を表す“build material”、出来上がった製品を表す“printout”、3Dプリンタで製造できる最大サイズを表す“build volume”など、仕事でいつか使えそうな英語表現にアンダーラインと付箋をしておきました。

また、昨年開催したセミナーで話したことですが、下記のように“with”を効果的に使うことによって非常に英語らしい(理解されやすい)説明にすることができます。

To 3D print in colour, binder jetting sprays coloured inks as well as a binder solution onto each layer of powder. The technology is exactly the same as that used in traditional, 2D photo printers, with cyan, magenta, yellow and black inks applied in an appropriate combination. (p. 73)

ここでは、従来の2Dプリンタが行うカラー印刷の方法を“with”以下で説明しています。つまり、the technology used in traditional, 2D photo printersを“with”以下で言い換えており、“the technology used in traditional, 2D photo printers”=「“with”以下」となっています。このような「同格」の関係がある場合、必ず“with”の前に同格を表すコンマ「,」が必要です。

“with”については、『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』(http://beikokupat.com/email_seminar/)でも解説しています。

ハーバード・ロースクールのソクラティック・メソッドが見れる映画『ペーパーチェイス』

丸田隆著『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』(http://beikokupat.com/blog/?p=703)に、何とも興味をそそられる映画が紹介されていました。「毎年の恒例行事のようにキャンパスで上映され、新入生は、新しく始まるロースクールの授業に何ともいえない不安を抱く」(p. 18)。ハーバード・ロースクールを描いた映画『ペーパーチェイス』がそれで、早速DVDを注文して観てみました。

この映画でいちばん印象に残ったのは、キングスフィールドという強烈なキャラクターをもった教授で、実際、この映画はキングスフィールド教授と彼が行うソクラティック・メソッドで非常に有名とのことです(ソクラティック・メソッド:「教員は、事案(case)について批判的な思索を刺激する一連の質問を学生に矢継ぎ早に発して、多様な争点について自分の考えを瞬時に組み立て、同時に返答することを学生に求める」『現代アメリカ法入門』p. 18)。キングスフィールド教授が学生を指名し、ブリティッシュ・アクセントで次々と質問を投げかけていくシーンが映画の多くを占めます。すごく面白いので是非観てくださいとは決して言えませんが、ハーバード・ロースクールの壮絶な授業と試験の様子を見てみたい人にはオススメです。

ハーバード・ロースクールの関連でいうと、『推定無罪』の著者Scott Turowがハーバード・ロースクールで過ごした1年間を描いた『One L: The Turbulent True Story of a First Year at Harvard Law School』というノンフィクション作品があります。

また、学生がロースクールで格闘する様子を生々しく描いた作品としては、服部健一先生の『日米特許戦争の狭間で―米国特許弁護士・パートナーへの3000日』は上記作品群に負けていないと思います。

洋書を読まない特許翻訳者の特徴

特許翻訳者の翻訳(英文)をチェックしていると、翻訳者さんが日常的に洋書や英文を読んでいる人かそうでないかがすぐに分かります。洋書や英文を日常的に読んでいる翻訳者さんは、一見英語にし難いような日本語原文を、小慣れた英語にするのが上手い人が多いという印象を私は持っています。逆に、洋書や英文を読んでいない翻訳者さんは、英語にし難い原文を訳すのに苦労し、出来上がった英文も原文が透けて見えるようなぱっとしない英文で、要点が伝わってこないことが多いです。したがって、いい英文を書けるようになるためには、洋書や英文に親しむことが近道であると私は思っています。但し、特許翻訳者さんのなかには、ただ表現が小慣れているだけで技術的に不正確な英文を書く人もいるので、日々の技術研究も怠らないことが重要です。

私には特許英文ライティングの師匠と仰いでいる方がいるのですが、その方から「英文ライティングが上手くなりたければ、英語の特許公報やライティング教本を読むだけでは全然ダメだ。洋書を読んで読んで読みまくれ」というようなアドバイスをいただいたことがあります。私はこのアドバイスを忠実に守り、洋書を四六時中読むという習慣を身につけました。毎月最低でも3万円は洋書購入に費やしたと思います(今はもっと使っています)。その結果、英文ライティングがかなり上達し、特許英訳を仕事にして人様からお金をいただくということに対して自信が持てるようになりました。

人が洋書を読んでいるかどうかが分かる方法があります。それは、アマゾン・ドットコムのアソシエイトと呼ばれるアフィリエイトに登録することによって知ることができます。アマゾンのアソシエイトに登録すると、私の書いた記事のリンク経由でどんな本が購入されたかを見ることができます。それによると、日本人著者によって書かれた「英文ライティング教本」「英語論文表現集」の類いがよく売れている一方、洋書はほとんど売れていません。ここから、洋書は読まず日本語の指南書で英文テクニックを探求する人が多いということが言えるのかも知れません。これ自体素晴らしいことで、このような努力をする方を尊敬しますが、上記のように洋書や英文に慣れ親しむことは英文ライティング上達の近道と私は確信しています。洋書や英文に慣れ親しむ具体例としては、『知らないことを英語で知る』でご紹介したような手軽な方法があります。

無から有を作り出すための教本『Stone Soup』

stonesoup

仕事は自分で作り出すもの、というようなことを耳にすることがありますが、私は会社を始めてからこの面白さを実感するようになりました。仕事が来るのをただ待っているのではなく、努力して無から有を作り出し、それが新たな需要となり収益に繋がっていく。こんなに面白いことはありません。

これをやっていく上で非常に参考になった本があります。Stone Soupという洋書です。洋書というよりも、英語で書かれた絵本です。とても簡単な英語で書かれていて、数十ページしかないためすぐに読めてしまいます。とても簡単な絵本ですが、その内容はまさに無から有を作って成功させるというストーリーで、大人でも、いやむしろ大人の方が深く考えさせられます。何も持っていない二人の兵士が見ず知らずの村にたどり着き、村人を巻き込むかたちであることを始めます。そして、結果としてそれが村人にとってなくてはならないものになっていると同時に、兵士たちも食料など必要なものにありつけるというWin-Winの関係が築かれていきます。

兵士と村人が始めたことは、村の現状に合致したものであったために村人に受け入れられたのでした。この本は、かのロバート・キヨサキ氏も『Rich Dad’s CASHFLOW Quadrant』のなかでビジネスはアイデア次第で成功できることを示す例として大推薦しています。

こんな面白い小説がある!

今年はアメリカ大統領選挙の年です。

毎日大統領選のニュースを
興味深く見ていますが、
大統領候補の多くが影響を受けたと
公言している小説家がいます。

アイン・ランド(Ayn Rand)という
ロシア系アメリカ人の小説家です。
日本ではあまり知られていませんが、
アメリカでは結構有名だそうです。

私はこの人の小説が大好きです。
代表作としては、
『The Fountainhead』(邦題『水源』)と
『Atlas Shrugged』(邦題『肩をすくめるアトラス』)
の2作があります。

The Fountainhead

水源―The Fountainhead

Atlas Shrugged

肩をすくめるアトラス

私は特に『The Fountainhead』が好きです。
この小説を初めて読んだとき、
日本でほとんど知られていない小説で
こんなに面白い小説があったのか!
と思ったのを覚えています。

小説は一度読んでしまうと話の結末が分かるので
読み返すということはあまりありませんが、
『The Fountainhead』は何度読んでも引き込まれます。

ちょうどシェイクスピアの『ハムレット』が
何度読んでも面白いのに似ていると
感じています。

『The Fountainhead』は、
建築家のフランク・ロイド・ライトを
モデルにしていると言われており、

自分の理想とする建築を追及する建築家と
ビジネスに徹する建築家との対比が
物語の中心になっています。

そういう意味では山崎豊子の『白い巨塔』と
似ている部分があるかも知れません。

非常にボリュームがあり、
英語も決して簡単とは言えませんが、
読む度に発見があり、
ストーリー自体も面白く単純に愉しめる名作です。

意外なリーダーシップ本

年末年始にかけて、
ずっと読みたいと思っていたこの本を
読みました。

The Godfather

昔からゴッドファーザー映画版の大ファンで、
パートI~IIIは何度も観ていましたが、
原作はまだ読んだことがなく、
年末年始はこの本に捧げようと決めており、
移動の新幹線の中で読破しました。

原作は映画のパートIとほぼ同じ内容に
なっており、
パートIIでロバート・デ・ニーロが演じた
回想シーンなどは出てきません。

映画パートIが原作に忠実に作られて
いたんだということが分かりました。

「馬の首」事件や5大ファミリーの会合など、
映画で観てきた名シーンを
改めて活字で読むのは感慨深いものがあります。

そして、
マイケル・コルレオーネが
敵対するマフィアのボスと警察官を
狙撃するシーンは映画と同様
本当にハラハラします。

原作を読んで一番の発見だったのは、
この本はドン・コルレオーネから学ぶ
リーダーシップ本でもあるということです。

組織をうまくまとめるために
どのように人を使い、
人の働きに対してどのように報えばいいかなど、
意外にも参考になることが多く書かれています。

また、
本を洋書で読むことのメリットでもありますが、
特許翻訳で使えそうな英語表現を
今回も見つけました。

映画パートIの終盤シーンで、
マイケル・コルレオーネの部下(Neri)が
警察官に扮装してバルジーニという
敵対するマフィアのボスを銃で撃つ
シーンがあります。

ここで、
警察官扮するNeriが警察手帳を
お尻のポケットにしまい、
その手で腰に付けた銃を取る
という微妙な動きが次のように
描かれています。

Then he (Neri) put his summons book in his hip pocket and with the forward motion of his hand drew the .38 Special.

“with the forward motion of”
は特許翻訳で実際に使えそうな表現です。

使う機会を狙っています。

健康リテラシー

tcs

先日、知り合いの翻訳者さんや
同業他社に勤めている方たちと集まり、
忘年会をしました。

特許翻訳の関係者が集まると、

業界の動向や、
翻訳ツールの話、
compriseの話、
aとtheの話

などの話題になるのが常ですが、

翻訳者は体をこわしやすいという話題に
なることもよくあります。

徹夜で翻訳を仕上げて朝になって納品する
というようなことはざらで、
忙しい売れっ子ほど生活が不規則に
なりやすいためです。

きちんと健康管理をして、
体をこわして仕事に穴をあけるようなことのないようにする
というのは翻訳者だけでなく社会人として当たり前のこと
だと思いますが、

忘年会では「何が我々にとって本当の健康か」
ということが話題になりました。

社会には健康情報が氾濫していて、
なかにはお互いに矛盾しているように思えるものもあり、

何が本当に健康にいいのかそうでないのか?
医者や医学研究者でもない我々は何を頼りに情報の真偽を
判断すればいいのか?

正しい健康リテラシーのようなものを
身につけたいということで場の意見が一致しました。
(お酒を飲みながらというのが笑えますが・・・)。

 

健康リテラシーの一助になるかも知れないと思い、
最近読んでいる本があります。

The China Study
http://goo.gl/LcaV6e

という本で、日本語版は
『葬られた「第二のマクガバン報告」』
http://goo.gl/Mtw1dy
という若干穏やかでなさそうなタイトルです。

tcs2

健康オタクの友人が紹介してくれました。

実際に内容を読んでみると、
日本語タイトルのようになった理由が理解できます。

私たちが体にいいと聞いて食べてきた多くの食物が
実際はそうではないかもしれないということが
データとともに示されており、
軽い衝撃とともに読み進めています。