セミナー・講座のお知らせ

米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』が終了しました

2018年5月21日、米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』を開催しました。週明け月曜日の開催にもかかわらず、多くの方に参加いただきました。クレームの基本ルール、クレームの記載、クレームの明確性要件などについて、小野康英先生に約3時間にわたり講演いただきました。クレームや明細書の各項において、どのような記載が権利解釈にどのような影響を与えるかについて、判例に基づいて解説されていたため、非常に説得力があり、大変勉強になるセミナーでした。私は主催者として参加しましたが、一学習者として終始楽しませていただきました。また、小野先生の説明は分かりやすく、話も上手いので、講演内容に集中できて3時間があっという間に過ぎていったように思います。今後も、同様のセミナーを企画していく予定です。

満員御礼・米国特許セミナーのご案内

この度、下記の日程にて米国特許セミナーを
開催することになりました。

講師は、米国特許弁護士であり、
当社HPで『米国特許法解説』を連載いただいている
小野康英さんです。

小野弁護士に約3時間にわたり、
米国特許明細書作成の留意点を中心に
語っていただく予定です。

企業の知財部にお勤めの方や、
特許事務所で米国を担当している方、
翻訳者で一歩進んだ米国式特許クレームを
作成できるようになりたい方など、

幅広い方々にお越しいただければと思います。

セミナー後には懇親会も予定しています。

皆様のご参加をお待ちしております。

セミナー名:『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』
講師:小野康英
(米国特許弁護士、Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)
日時:2018年5月21日(月)13:30~17:00
会場:東京都港区高輪3丁目24番18号高輪エンパイヤビル
参加費:無料
募集人数:20名
セミナー後懇親会あり

小野康英さんのご経歴については、以下を参照。
http://bit.ly/2HENSjA

セミナーの内容:

<クレーム解釈>
基本ルール
クレームの記載
明細書の参酌

<特許要件>
クレームの明確性要件

参加ご希望の方は、こちらからご応募ください。
※定員に達したため、募集を終了しました。

米国特許セミナーを開催します

米国特許セミナーを開催することになりました。日時は5月21日13:30~17:00、会場は東京都内です。米国特許弁護士であり、当社ホームページで『米国特許法解説』を連載いただいている小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)を講師に迎え、約3時間、米国特許クレーム作成における留意点などを中心に語っていただく予定です。企業の知財部にお勤めの方や、特許事務所で米国担当の方、翻訳者で一歩進んだ米国式特許クレームを作成できるようになりたい方など、幅広い方々にお越しいただければと思います。セミナー後には懇親会も予定しています。詳細は、後日当社のホームページにて告知します。

『教えてパケット先生!学術英語Q&A』のお知らせ

enagoacademy

英文ライティング学習に関するお知らせをさせていただきます。

『科学論文の英語用法百科』シリーズをご存知の方は多いと思います。

日本人特有の英文の誤りを詳細に解説した人気シリーズで、
現在、第1編と第2編が出版されています。

第1編~よく誤用される単語と表現~

第2編~冠詞用法~

著者であるグレン・パケットさんが、
読者のためのQ&Aフォーラムを開いておられます。

『教えてパケット先生!学術英語Q&A』(https://www.enago.jp/academy/ask-english-expert/
enagoacademy

読者は学術英語に関する質問をすることができ、
パケット先生が回答して下さいます。

『科学論文の英語用法百科』シリーズの内容で
より詳しく知りたい事柄などがあれば、
Q&Aフォーラムで質問してみてはどうでしょうか。

質問はシリーズの内容以外に関するものでも構いません。
パケット先生から次のようなコメントをいただいています。

「皆様、英語についての疑問、悩みを聞かせてください!どのレベルのご質問も歓迎いたします。」

質問はQ&Aフォーラム上で公開されますので、
ご承知ください。

また、Q&Aフォーラムとは別に
『パケット道場~初級アカデミック英語講座~』
という講座があり、

英語論文ライティング
(特許英文ライティングと共通するところが多い)を
体系的に学べるようになっています。
https://www.enago.jp/academy/tips/

さらに、この講座を要約した入門講座もあります。
『初級アカデミック英語講座』
https://goo.gl/h5bbKs

これだけの内容が無料で公開され、
しかもQ&Aフォーラムでフォローアップまでしてくれるというのは、
私たち英文ライティングを学ぶ者にとっては有り難いことだと思います。

どうぞご利用ください。

特許英訳講座@大阪が終わりました

8月から始まった『フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座』が無事4回の予定を終了しました。今回は受講希望者が募集を大幅に上回ったため、人数を増やしての開講となりました。人数が増えた一方、会場は当初おさえたセミナールームをそのまま使用したので、受講者が狭く感じたのではないかと反省しています。

全4回でしたが、受講者の皆さんに伝えたいことがたくさんあって4回ではとても足りませんでした。特に、受講者に毎回提出してもらった課題については、丁寧に添削したつもりですが、まだまだ言い足りないことがあります。添削だけを行う、より実践的なワークショップのようなものを開くのもいいかなと思っています。

私は、特許翻訳がもっともっと上手くなりたいと思っています。上手い特許翻訳とは、クライアントの利益になる特許翻訳です。小慣れた英文が書けるだけでなく、特許実務や判例を研究することにより、クライアントの利益になる可能性の高い表現を常に模索すること。これを私の会社では実践しています。そして、研究して分かったことをこれからもHPや講座を通して発信していきます。

特許英訳講座@大阪が満席・キャンセル待ちになりました

大阪で予定している『フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座』がおかげさまで満席・キャンセル待ちになりました。今回も、特許翻訳者や弁理士、企業の知財部の方など、知財業務に従事されている方々を中心に申し込みをいただきました。様々な方々とお知り合いになれるのも講座を開く楽しみの1つです。また、私自身昨年まで大阪に住んでいたため、非常に馴染みのある土地での開講を今から非常に楽しみにしています。

また今回、数人の方から、九州地方や東海地方でも同様の講座を開いて欲しいというご要望をいただきました。このようなご要望は大変嬉しく、開催を前向きに検討したいと思います。今のところ、最少催行人数5人程度での開催を考えています。大体何人ぐらいの方が参加を希望されているかを事前に知っておきたいと思いますので、九州地方、東海地方、あるいはその他の地区での参加を希望される方は、下記アンケートに回答いただけると幸いです。

特許英訳講座ご希望開催都市アンケート
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fae710eb454154

大阪開催・フリーランス特許翻訳者向け講座『フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座』のお知らせ

【満席・キャンセル待ちになりました】

フリーランス特許翻訳者向けの英訳講座を
大阪で開くことになりましたのでご案内します。

先月まで東京で開いていた講座に
新しい内容を加えて再編成したものになる予定で、
東京同様、盛りだくさんの内容にしたいと思っています。

取り上げる内容は、
・特許翻訳会社の人間から見て
どのようなフリーランス翻訳者が一緒に仕事をしやすいか、
・しっかりとしたコメントの書き方、
・特許翻訳者の大半が間違えている英文法や英語表現、
・「短文」化が必要な本当の理由、
・米国式クレームの書き方
などです。

受講者には毎回課題を提出していただき、
私がしっかりとそして厳しく添削させていただきます。

当社の性質上、米国出願に重きを置いた講座内容になると思いますが、
東京の講座では多くの受講者が役に立ったという感想をくださいました。

受講者の対象としては、
特許翻訳の基本的な知識がある方を想定しています。

受講をご希望の方は、ここからお申込みください。

講座名フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座
<第1回内容>
「いい」フリーランス特許翻訳者になるためのポイントやマインドセットの解説
日時:2016年8月5日(金) 19:00〜20:40

・いい特許翻訳者とは?
・特許翻訳会社が考える、仕事を受注しやすい人の特徴
・コメントの書き方を徹底的に学ぶ
・課題(1)の配布
<第2回内容>
特許英訳でおさえておきたいポイントの解説
日時:2016年8月19日(金)19:00〜20:40

・課題(1)の解説
・特許明細書の英訳の基本解説
・間違いやすい英文法の確認
・「短文」化が必要な本当の理由
・課題(2)の配布
<第3回内容>
特許明細書・実施形態の英訳
日時:2016年9月2日(金)19:00〜20:40

・課題(2)の解説
・特許明細書・実施形態の英訳を解説
・自然な英語を書く
・PCTと米国出願用英訳の違いを考える
・課題(3)の配布
<第4回内容>
特許クレームの英訳
日時:2016年9月16日(金)19:00〜20:40

・課題(3)の解説
・クレームの形式(ジェプソン形式、サブパラグラフ(コンビネーション)形式)
・離れているものを関係付けるテクニック
・誤解のない英文クレームにするための工夫
・演習
講師大島 祥貴
日時2016年8月5日、8月19日、9月2日、9月16日(隔週 金曜・全4回)
19:00〜20:40(100分)
会場AP大阪淀屋橋(京阪淀屋橋ビル)3F-Hルーム
大阪市中央区北浜3-2-25
Tel:06-6204-0109
Fax:06-6204-1109

交通アクセス
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」北改札より徒歩約3分
地下鉄堺筋線「北浜駅」北改札より徒歩約5分
京阪本線「淀屋橋駅」中央改札口より徒歩約2分
「北浜駅」中央改札口より徒歩約5分
https://www.tc-forum.co.jp/kansai-area/ap-osakayodoyabashi/oy-base/
受講料(税込)39,800円
(銀行振込、クレジットカード)
定員15名
※お申込みは定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込締切2016年7月22日(金)正午
事前課題あり。
レベルチェックのため、短めの文章を英訳していただきます。(7月22日(金)にメールで送付いたします。)
申込ページ

特許英訳講座が無事終わりました

2016年3月から開催していた『特許英訳トライアル対策』が先日、全5回の日程を無事終了しました。

当初は、特許翻訳初心者の方を想定した講座として募集を開始しましたが、申し込んで下さった方々の中にはプロの特許翻訳者の方が多いことが分かり、プロの方も退屈しない講座内容にもなるように努めました。

その結果、若干専門的なことを盛り込み過ぎたかな、とも思いましたが、受講者の方々からは概ね良好な感想をいただきました。受講生の1人からいただいた感想をご本人の了承のもと引用させていただきます。

大島先生、大変充実した講座をありがとうございました。
また、いつも丁寧に添削をしていただき、ありがとうございました。
(それなのに私の方で最後の宿題が急ごしらえになってしまい、
申し訳ありません。)
米国特許法や施行規則、MPEP、FABER (前身のLandis)も、
一通り学んではいたのですが、日々の業務で求められることとは差が大きく、
特許翻訳とはどうあるべきか、という命題に悩む日々でした。
その中、徹底して米国出願向けの翻訳を目指している大島先生の講義は非常に斬新でした。
この講座をきっかけとして、少し違う側面から改めて翻訳を考えることが出来るようになったと思います。ありがとうございました。
所要のため、懇親会はrain checkをいただきますが、
大島先生の今後のますますのご発展をお祈りしております。
また講座を開かれる際にはぜひ参加させていただきたいと思います。ありがとうございました。

今回の講座は東京で行いましたが、内容を再編成したものを大阪でも開催する予定です。

講座がキャンセル待ちとなりました

フェローアカデミーにて私が講師を務める
『特許英訳トライアル対策』が
おかげさまで満員・キャンセル待ちとなりました。
http://www.fellow-academy.com/fellow/pages/school/short/SPJO.jsp?boshuu

平日夜の開催のため、
受講者の多くは仕事が終わった後の受講になり、
気力・体力ともハードだと思います。

講座では、そんな受講者の方々の翻訳者としてのキャリアを通じて
役に立つようなことをお伝えしたいと思っています。

講座を通して一番言いたいことは、
私たち翻訳者にとって
「自分から積極的に責任をとりにいく」
という姿勢が大切だということです。

この考え方をもとに私が実践している翻訳の仕方や
コメントの書き方をすべてお伝えしたいと思っています。