0年 0月 の投稿一覧

翻訳によって日本企業に品格を与える

特許翻訳の仕事をしていると、
調査のために
公開公報というものをよく見ます。

公開公報とは、
過去に特許出願されたり
特許になった出願の明細書が
一般公開されたもので、
誰でも見ることができます。

私の会社では明細書の英訳が
業務のメインなので、
英語で書かれた公報を
チェックすることが多いです。

英語の公報を見ていると、
日本企業が出願したものを頻繁に
目にします。

これは、
元は日本語で書かれた特許明細書を、
翻訳会社などが英訳したものです。

日本企業の英語公報のなかには、
とても残念な翻訳がされているものが
たくさんあります。

公報は、半永久的に残っていくものです。
自社の発明や特許が残念な英語で書かれていると、
企業イメージにも悪い影響を与えかねません。

こういう意味で、
翻訳会社の責任は大きいと思います。

日本企業は毎年多くの特許出願を
米国や欧州に出しています。

それだけ優れた技術が毎年生まれている
ということです。

しかし、
それを上手く英語で説明する力が
多くの日本の翻訳会社には欠けている
のではないかと不安視しています。

一方で、
日本企業の英語公報の中には
非常に上手い英語で書かれたものもあります。

元は日本語であったと思われる明細書を
こんなに上手い英文明細書にできるのか!

と背筋に電流が走るかのような衝撃に似た感動を
覚えることがあります。

これが強い特許かどうかは
また別問題ですが、

少なくとも、
公報がいい英語で書かれていると、
企業に良いイメージ・品格を与える
のは確かです。

最近では、
英語公報はGoogleで簡単に検索できるので、
一般の人が目にする機会は非常に多いと思います。

英語公報と企業イメージの関係は
ますます強くなってきています。

特許翻訳に英検1級もTOEIC900点以上も必要ない

翻訳会社をやっていると、
よく翻訳志望の方から相談を受けます。

一番多く受ける相談が、

-特許翻訳をするにはどのくらいの
必要が英語力か?

-英検1級ぐらい必要か?

-TOEIC900点以上ないとダメか?

といった英語力に関するものです。
私はいつも、こういう質問には
次のように答えています。

『中学から高校までの英語を完璧に
マスターするのがいいと思います。

それができたら、
英検1級もTOEIC900点以上も
必要ありません。』

私の知っている翻訳者は、
大体みんな英検1級を持っています。

でも、
英検1級取得者の全員が翻訳がうまい
わけではありません。

中には、
本当に英検1級を持っているのか?
と疑いたくなるような翻訳をする人もいます。

一方で、
英検1級はもとより、
英語系の資格をまったく持っていない人でも、
すごく翻訳がうまい人がいます。

つまり、

英検1級を持っている人の中には、
翻訳が上手い人とそうでない人がいて、

英検1級を持っていない人の中にも、
翻訳が上手い人とそうでない人がいる、

という事実があります。

英検1級を持っている人でも持っていない人でも、
翻訳が上手い人は、
中学から高校までの英語がしっかりしている
というのが私の印象です。

中学英語は基礎、
高校英語は高度な英語
というのでしょうか。

どちらも完璧というくらい
頭に入っていれば、
特許翻訳をするための英語力は
既に持っていると思います。

そして、
仕事という実戦を重ねながら
努力を続ける人は、
さらに英語力を磨き、

結果的に英検1級にも対応し得るか
それ以上の英語力を自ら培っていきます。