会社を経営していると、
世の中のことが気になります。

小さな会社ではありますが、
いや、小さな会社だからこそ、
社会の動きに対して柔軟に対応・変化して
いく必要があると思っています。

そのためには、
まず世の中のことを知ることが必要で、
ニュースや新聞、書籍などを頻繁に
チェックしています。

最近気になるのは、
国の借金についてです。

現在、
国の借金は約1000兆円で、
国民1人あたり約800万円の
借金をしていることになるそうです。

しかし、
よくよく調べてみると、
国の借金約1000兆円は国が発行する
借用証明である国債によるもので、

国債のほとんどを日本国内の機関投資家、
つまり銀行、ゆうちょ、保険会社などが
購入しているようです。

そして、これら機関投資家はどこから
その資金を調達しているかというと、
もちろん国民の預金・掛け金からです。

つまり、国民は、
預金・掛け金などを通して国債という形で
国に約1000兆円も貸していることになります。

にもかかわらず、
「国民1人あたり約800万円の借金」
という表現は、
国民がさらに約800万円の借金を
負わされていると言っているように見えます。

「国民1人あたり約800万円の借金」
という言い方が果たして正しいのか、
疑問が湧いてきます。

そして、
国民の全資産は約1400兆円だそうです。

国民がこのまま国にお金を
貸し続けることができるのにも
限界があるということです。

私たち国民は、
浪費癖のある息子に
お金を貸し続けている親と
言えるかも知れません。

そして、
親が息子に貸せるのにも限界がある。

日本は今こんな状況かも知れません。

この状況にどう対応すべきか、
今真剣に考えています。