0年 0月 の投稿一覧

洋書を読まない特許翻訳者の特徴

特許翻訳者の翻訳(英文)をチェックしていると、翻訳者さんが日常的に洋書や英文を読んでいる人かそうでないかがすぐに分かります。洋書や英文を日常的に読んでいる翻訳者さんは、一見英語にし難いような日本語原文を、小慣れた英語にするのが上手い人が多いという印象を私は持っています。逆に、洋書や英文を読んでいない翻訳者さんは、英語にし難い原文を訳すのに苦労し、出来上がった英文も原文が透けて見えるようなぱっとしない英文で、要点が伝わってこないことが多いです。したがって、いい英文を書けるようになるためには、洋書や英文に親しむことが近道であると私は思っています。但し、特許翻訳者さんのなかには、ただ表現が小慣れているだけで技術的に不正確な英文を書く人もいるので、日々の技術研究も怠らないことが重要です。

私には特許英文ライティングの師匠と仰いでいる方がいるのですが、その方から「英文ライティングが上手くなりたければ、英語の特許公報やライティング教本を読むだけでは全然ダメだ。洋書を読んで読んで読みまくれ」というようなアドバイスをいただいたことがあります。私はこのアドバイスを忠実に守り、洋書を四六時中読むという習慣を身につけました。毎月最低でも3万円は洋書購入に費やしたと思います(今はもっと使っています)。その結果、英文ライティングがかなり上達し、特許英訳を仕事にして人様からお金をいただくということに対して自信が持てるようになりました。

人が洋書を読んでいるかどうかが分かる方法があります。それは、アマゾン・ドットコムのアソシエイトと呼ばれるアフィリエイトに登録することによって知ることができます。アマゾンのアソシエイトに登録すると、私の書いた記事のリンク経由でどんな本が購入されたかを見ることができます。それによると、日本人著者によって書かれた「英文ライティング教本」「英語論文表現集」の類いがよく売れている一方、洋書はほとんど売れていません。ここから、洋書は読まず日本語の指南書で英文テクニックを探求する人が多いということが言えるのかも知れません。これ自体素晴らしいことで、このような努力をする方を尊敬しますが、上記のように洋書や英文に慣れ親しむことは英文ライティング上達の近道と私は確信しています。洋書や英文に慣れ親しむ具体例としては、『知らないことを英語で知る』でご紹介したような手軽な方法があります。

無から有を作り出すための教本『Stone Soup』

stonesoup

仕事は自分で作り出すもの、というようなことを耳にすることがありますが、私は会社を始めてからこの面白さを実感するようになりました。仕事が来るのをただ待っているのではなく、努力して無から有を作り出し、それが新たな需要となり収益に繋がっていく。こんなに面白いことはありません。

これをやっていく上で非常に参考になった本があります。Stone Soupという洋書です。洋書というよりも、英語で書かれた絵本です。とても簡単な英語で書かれていて、数十ページしかないためすぐに読めてしまいます。とても簡単な絵本ですが、その内容はまさに無から有を作って成功させるというストーリーで、大人でも、いやむしろ大人の方が深く考えさせられます。何も持っていない二人の兵士が見ず知らずの村にたどり着き、村人を巻き込むかたちであることを始めます。そして、結果としてそれが村人にとってなくてはならないものになっていると同時に、兵士たちも食料など必要なものにありつけるというWin-Winの関係が築かれていきます。

兵士と村人が始めたことは、村の現状に合致したものであったために村人に受け入れられたのでした。この本は、かのロバート・キヨサキ氏も『Rich Dad’s CASHFLOW Quadrant』のなかでビジネスはアイデア次第で成功できることを示す例として大推薦しています。