0年 0月 の投稿一覧

良い特許翻訳者かは構造表現で分かる

特許明細書では、ものの構造を説明するということが頻出しますが、日本語で書かれた構造説明を上手に英語で表現することはなかなか難しい作業です。日本語でなされた説明を直訳のようなかたちで英語化したものは、意味不明な英語になったり、英語としてくどく特許的に好ましくない表現になったりするため、十中八九、使い物になりません。私もそうでしたが、技術者が日本語で明細書を書く際に、限られた時間のなかで、後々翻訳者が英訳がしやすいような構造説明にしようといった思いやりを持つことはほとんどないか、あっても誤訳のないように係り結びを明確にする工夫をするぐらいが精々ではないでしょうか。英語での構造説明は特許翻訳者の腕の見せ所であり、いい特許翻訳者かどうかを見分けるバロメーターとも言えます。特許翻訳者として成功するためには、英語での構造表現力を磨き、クライアントから「この複雑な構造をあの人なら英語でどう上手く表現するか見たい」と期待されるぐらいになるべきだと思います。私はそうなりたいといつも思っています。

構造説明の英訳の方針としては、私は、日本語で意図されていることを最大限に汲んだ上で、最も近く且つ英語として適切な表現を考えるということをしています(もっとも、これは構造表現に限らず、私の会社で特許翻訳全体に適用している方針ですが)。このような表現は、結果として日本語にとらわれない表現になっていることが多いです。具体的には、日本語原文をよく読んで内容を理解し、頭の中で『離れているものを関係付けるテクニック』で説明しているような再構築化をして、再構築化した内容を知っている適切な英語で表現する、あるいは適切な英語表現を探すようにしています。このような英語表現がすぐに出来上がることもありますが、大抵は出来上がるまでにあーでもない、こーでもない(「あーするとヘンな誤解を招くかもな」「こーすると原文のこの部分が汲み取れてないな」)と推敲を重ね、時には一つの構造説明を英語にするのに半日ぐらいかかることもあります。

このように、英語で理解される構造説明を書くためには、原文をよく読んで構造内容を理解し、再構築化を行い、適切な英語で表現する、という作業が少なくとも必要だと思います。これらの要素は一つ一つがとても重要で訓練が必要なスキルかも知れません。再構築化は、第2日本語化といった名前で一部の翻訳学校で教えているようですが、特許翻訳では単に分かりにくい日本語を分かりやすい日本語に変えるだけでなく、特許的にもより適切な表現に変えるという作業が必要だと思います(『実践・米国式特許クレーム作成講座』で詳しく解説しています)。またこれは、上記のように構造説明だけでなく明細書全体に適用すべきことで、特にクレームでは意味不明・不必要な限定を徹底的に排除すべきです。しっかりと翻訳をしているのだから意味不明になどなるわけがないだろう、と思われるかも知れませんが、それは慢心で、英語しか読めない人から「ここが分かりにくい」と指摘されることはよくあります。私は、自分の書いた英語が誰が読んでも同じ解釈になるかどうか、謙虚な気持ちで問い直し、推敲するようにしています。

terra

先週末、日帰りでシンガポールに行って来ました。現地で急に人と会う必要ができたのですが、私は大事な仕事を抱えていて移動も含め1日しか時間を取ることができなかったため、日帰りシンガポールツアーという面白い経験をしてみることにしました。現地では、空港と待ち合わせ場所だったレストランしか行きませんでしたが、このレストランの料理が日本人好みの味でかなり印象的だったためご紹介したいと思います。チャイナタウンの近くにあるterraという、日本人がオーナーシェフのイタリアン・レストランです。食材の多くを日本各地から取り寄せているらしく、料理も繊細で、普段グルメにあまり興味がない私でもすごく美味しいと感じました。満席だった店内のあちこちから日本語の話し声が聞こえたため、日本人客が多いようでしたが、隣の席では現地の人たちが商談をしていました。ビジネスにも使えそうです。ミシュランガイドの掲載店で値段は高めですが、美味しいイタリアンの店が少ない(と私が個人的に思っている)シンガポールでかなり使える店だと思います。弾丸ツアーのなかピンポイントでいい店を見つけることができました。

terra
http://www.terraseita.com/

terra_interior

特許翻訳における「高収入」について

特許翻訳は、最も難易度の高い翻訳ジャンルの一つと言われています。高い語学力はもちろん、科学技術と法律の知識も必要だからというのが理由のようです。その分報酬も他の翻訳ジャンルと比べて高い傾向にありますが、ここ数年、特許翻訳の料金も下がり続けています。特に、フリーランスの特許翻訳者の翻訳単価はここ20〜30年の間に50%以下にまで落ち込んだとも言われています。一昔前は特許翻訳者の絶対数が少なく、特許翻訳ができる人は先行者利益により上手い下手にかかわらず誰でもお金持ちになれたと聞いたことがあります。しかし昨今では、特許翻訳者の数も増えて人々の特許翻訳を見る目も肥え、専業の特許翻訳者としてそれなりの生活をしていくためにはそれ相応の努力や工夫が必要になってきていると思います。したがって、低価格化、高品質化という意味では、特許翻訳業界も他の業界同様、至極適正になったのではないかと私は思っています。時々、「特許翻訳は高収入」のように書かれている翻訳コースの広告を翻訳雑誌などで目にすることがありますが、これは他の多くの業種と同様、本人の努力と工夫次第で高収入も不可能ではない、ととらえるべきです。

「高収入」とは具体的にいくらか、については人によって意見が分かれるところですが、特許翻訳業界ではだいたい年収1000万円以上を稼ぐと高収入と言えるのではないかと思います。私の知り合いに、年収が1000万円~2000万円の特許翻訳者が5、6人います。この方々に共通する特徴はあるだろうかと考えてみました。男女比率は半々ぐらいで、全員がフリーランス、そして多くが毎月膨大な量の翻訳をこなすことでこの高収入を実現しています。あまり聞こえのよくない言葉で言うと薄利多売と言えるかも知れませんが、これが特許翻訳で高収入を得ることができる確率の高い方法だということが言えると思います。

膨大な量の翻訳をこなすためには、マクロなどの翻訳支援ツールを駆使しているのだろうと思われるかも知れませんが、上記の方々は翻訳支援ツールを「そこそこ」にしか使っていないようです。1人の方は、マクロはもちろん、パソコンや機械をいじるのが苦手だと言っていました。これは極端な例ですが、翻訳支援ツールの開発ばかりに注力して手段が目的化し、肝心の翻訳は薄っぺらいものになっている翻訳者を何人も見てきました。このような特性の翻訳者は、少なくとも私が知っている上記5、6人の特許翻訳者にはいません。翻訳支援ツールを適度に使いつつ、原文と真剣に向き合って翻訳する。そして、これを1日の大半を使って行うことによって毎月の翻訳量が膨大になっていく、という共通点を上記の方々から見い出せるかも知れません。もちろん、翻訳支援ツールを自由自在に使うことができて翻訳能力も高い水野麻子さんのような翻訳者は世間にいると思いますが、あまり顔が広くないせいか、私はこのような翻訳者を水野さん以外知りません。

特許英語の大家、木村進一先生

私はこれまでに一度だけ翻訳学校に通って特許英語を学んだことがあります。それは、かつてバベル・ユニバーシティの大阪校で開講されていた木村進一先生という弁理士をされていた方の授業です。木村先生は日本の特許英語の第一人者とも言える名の通った方で、その授業内容は非常にレベルが高く、付いて行くのに非常に苦労した覚えがあります。特許翻訳講座といったありきたりな講座名だったと思いますが、米国特許実務者向けの英文明細書作成講座あるいは英文クレーム・ドラフティング講座と言った方が授業内容をよく表していたと思います。当時は理解できなかったことが多かったですが、多少経験を積んだ十数年後の今、当時授業で使われた資料を改めて読み返してみると、納得することばかりで非常に面白いです。例えば、日本語にとらわれない英文を書くという考え方が授業の全体を貫いており、このことは今私の会社がクライアントから求められていることです。

一方で、日本語にとらわれない英文を書くという木村先生が少なくとも十数年前から説いておられた翻訳方針(且つ本当に良い米国特許を取りたいと考えている一部の企業が求めている翻訳方針)で英文を書く技量のある人がどれだけいるのだろうと思うことがあります。当時、一緒に受講していた特許事務所の方が「木村先生は正論を仰っているが、実際の現場では木村先生がされる様なクレームにするのは無理だ」というようなことを陰で言っていたのを覚えています。少なくとも当時から現在に至るまで、この本音が特許翻訳を形作っており、木村先生の方針を奨励する人は少数派のままとなっているため、それを実践する人も教えられる人も育っていないのではないかと思います。

授業では厳しかった木村先生ですが、授業を離れると非常に気さくで気軽に話しかけてくださり、何度か食事に誘っていただこともありました。食事の席などで特許や英文ライティングに関する多くのことを木村先生から個人的に聞くことができ、これも今の仕事に役に立っていると思います。いくつかについて『英文ライティングが上手くなる方法』や『洋書を読まない特許翻訳者の特徴』で書いています。

非常に残念なことに、木村先生は既に亡くなっているためもう授業を聞きに行ったり相談に行ったりすることはできませんが、木村先生が書かれていたブログ記事を『特許評論』で今でも読むことができます。読むと分かりますが、特許翻訳者や特許実務者にとって耳が痛くなることがたくさん書いてあります(というよりもそのことしか書いてありません!)。特に、ある記事のなかで、英訳された特許明細書の多くについての川柳を木村先生が詠まれており、かなり痛烈な内容になっています。

特許評論』はもう更新されませんが、これまでに書かれた記事だけでも特許翻訳者や学習者にとっての指針として重要な存在だと思います。ずっと削除されることなく残ることを願っています。

良く書けた英文クレームは感動を与える

先日、あるクライアントから、これまで私の会社が米国出願用に英訳した明細書についてのフィードバックを受けました。このクライアントからのフィードバックは、米国の代理人が当社が英訳した明細書を読み、気になった点をクライアントに伝え、クライアントがその点を当社に伝えるというかたちになっています。概ね好評価をいただき安心しましたが、細かい点として、ミーンズ・プラス・ファンクションの観点からのより良い表現や、訴訟を考慮した表現方法などを提案いただき、非常に有意義な打ち合わせとなりました。

また、これからも日本語にとらわれずもっともっと分かりやすい英文クレームにして欲しいという要望もいただきました。こんな要望を受ける翻訳会社も少ないと思いますが、非常に嬉しく勇気が出てくる要望です。クライアントが本当に良い使える米国特許を取りたいと考えている証拠だと思います。日本語にとらわれ過ぎた英文クレームは意味が分かりにいことが多く、意味が分からない部分は審査官に無視されるというのは山口洋一郎弁護士が講演で何度も繰り返し言っておられる通りです。

有能な特許弁護士が書く英文クレームは非常にシンプルです。それでいて、重要な点は漏らさない。こういうクレームは読んでいて感動します。これは、英語にするのが難しそうな日本語を小慣れた英語で上手く表現できているといったレベルの話ではありません。非常にシンプルでありながら、審査や訴訟に強く、且つ英文自体が上手く美しさすら感じる。私は米国特許事務所に勤務しているときにこのようなクレームを何度も目にし、自分の未熟さを痛感したものでした。

どのようにしたらシンプルで良い英文クレームが書けるようになるかというと、私も模索している途中ではありますが、例えば、日本語を読み内容を理解した上で全体を有機的にまとめて英語でアウトプットするという作業が必要だと思います。ほんの一例を『離れているものを関係付けるテクニック』で説明しています。

米国特許出願手続きのポイントと情報開示義務対策

米国特許弁護士の山口洋一郎氏によるセミナー『米国特許出願手続きのポイントと情報開示義務対策』を受講してきました。特許庁の主催で毎年東京、愛知、大阪で開かれており、米国特許実務者だけでなく、米国出願用特許を行う翻訳者にとっても非常に有益な情報を得ることができるセミナーです。私は今年、大阪開催日にちょうど夜大阪で大事な用事があったので、大阪セミナーに申し込み、当日朝早くに新幹線で大阪入りしました。

10時から17時までみっちりと勉強したなかで、翻訳の観点から特に有益と思ったことがありましたのでシェアしたいと思います。「米国の新規性欠如の拒絶例と応答」というセクションで、タイトル通り、米国で新規性欠如により拒絶されるクレームの例と、この拒絶への応答例が紹介されました。前提として、米国と日本の新規性・進歩性制度の大きな相違点がいくつかあり、例として次のような点があります。

・クレームの前文(用途)は、限定にならない。
・物クレームの機能的限定は無視される(限定にならない)。

新規性欠如で拒絶されたクレーム例が次です。

1. An electric cleaner comprising:
a guide plate that comprises a first area and a second area, the first area guides an exhaust downwardly and the second area guides the exhaust upwardly.

このような掃除機に係るクレーム1に対し、米国審査官が引用した引用例はエアコン・ダクトで分野が違います。両者を比較した図がこれです。

novelty
図を見ると両者は異なっているように見えますが、上記前提に従うと、この拒絶は妥当ということになります。すなわち、クレーム1の掃除機は引用例のエアコン・ダクトと用途が異なっているものの、用途の相違は限定にならない。同様に、クレーム1の機能的限定“the first area guides an exhaust downwardly and the second area guides the exhaust upwardly”も限定にならない。よって、クレーム1と引用例は同じだ、ということです。

次に、この拒絶に対してどのように応答すべきかについて、ここでは機能的限定が意味なかったことを考慮して、構造的限定を記載することによって引用例との違いを出すという解説がされました。具体的には、図面のfirst areaとsecond areaが傾斜しているため、各areaがguide plateの厚み方向に対して0より大きい角度で傾斜している、という限定を加えます。セミナーでは具体的な補正例は示されませんでしたので、私なりの補正例を作ってみました。

(補正例)
1. An electric cleaner comprising a guide plate, the guide plate comprising:
a thickness direction;
a first area inclined by more than zero degrees relative to the thickness direction to guide an exhaust downwardly; and
a second area inclined by more than zero degrees relative to the thickness direction to guide the exhaust upwardly.

物クレームの機能的限定は意味がないため、“to guide an exhaust downwardly”と“to guide the exhaust upwardly”は必要ないかも知れません。

翻訳の段階で補正例のような対応ができていれば、クライアントにとって時間、労力、コストの削減になることがあると思います。