0年 0月 の投稿一覧

「知財英語情報」の記事について

現在、当社ホームページの「知財英語情報」を全面的に見直す作業をしており、その関係で記事の大半が閲覧できない状態になっています。「知財英語情報」を始めてから3年以上が経ち、様々な方に読んでいただけるようになりました。一方で、情報量が増えすぎて目的の記事になかなかたどり着かないといった声もいただくようになり、一度すべての記事を見直して再構築しなければいけないと話し合っていました。より読みやすい「知財英語情報」にすべく現在見直し作業を続けています。まだまだ時間がかかると思いますが、ご理解いただければ幸いです。

ハーバード・ロースクールのソクラティック・メソッドを再現した映画『ペーパーチェイス』

丸田隆著『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』(http://beikokupat.com/blog/?p=703)に、何とも興味をそそられる映画が紹介されていました。「毎年の恒例行事のようにキャンパスで上映され、新入生は、新しく始まるロースクールの授業に何ともいえない不安を抱く」(p. 18)。ハーバード・ロースクールを描いた映画『ペーパーチェイス』がそれで、早速DVDを注文して観てみました。

この映画でいちばん印象に残ったのは、キングスフィールドという強烈なキャラクターをもった教授で、実際、この映画はキングスフィールド教授と彼が行うソクラティック・メソッドで非常に有名とのことです(ソクラティック・メソッド:「教員は、事案(case)について批判的な思索を刺激する一連の質問を学生に矢継ぎ早に発して、多様な争点について自分の考えを瞬時に組み立て、同時に返答することを学生に求める」『現代アメリカ法入門』p. 18)。キングスフィールド教授が学生を指名し、ブリティッシュ・アクセントで次々と質問を投げかけていくシーンが映画の多くを占めます。すごく面白いので是非観てくださいとは決して言えませんが、ハーバード・ロースクールの壮絶な授業と試験の様子を見てみたい人にはオススメです。

ハーバード・ロースクールの関連でいうと、『推定無罪』の著者Scott Turowがハーバード・ロースクールで過ごした1年間を描いた『One L: The Turbulent True Story of a First Year at Harvard Law School』というノンフィクション作品があります。

また、学生がロースクールで格闘する様子を生々しく描いた作品としては、服部健一先生の『日米特許戦争の狭間で―米国特許弁護士・パートナーへの3000日』は上記作品群に負けていないと思います。

コッポラ監督『レインメーカー』

先日ご紹介した『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』(http://beikokupat.com/blog/?p=703)には、法律にまつわる映画がいくつか紹介されています。そのうちの1つである『レインメーカー』という法廷映画を週末に見ました。原作ジョン・グリシャム、監督フランシス・フォード・コッポラ、主演マット・デイモンという、面白くないわけがないだろうと思わせるような組み合わせですが、本当に面白い映画でした。コッポラ監督ということで、ちょっとクセがあるのではと予想していましたが、意外にも(?)感動的な内容でした。マット・デイモン演じる若き弁護士が社会的弱者のために保険会社を相手に民事訴訟を起こし奮闘します。相棒役のダニー・デヴィートもいい味を出しています。

また映画を通して、アメリカの裁判制度の勉強にもなりました。具体的には、『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』で解説されている民事陪審制度、陪審選任手続き、デポジション(ディスカバリの一種で、「関係者に対して直接質問し、回答を得ることにより、その供述記録を書面、あるいは映像で残すという方法」p.131)、懲罰的賠償制度などが実際にどのように行われるかを確認することができました。当たり前ですが、これらのことを視聴者が理解できるように作中誰かが説明するというようなことは一切ないので、『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』を一通り読んでから映画を観ると話の流れがよく分かってより楽しめました。なお、レインメーカーとは、「お札を雨に例え、雨が降るように大金を稼ぐ弁護士のことを意味する」(p.13)そうです。

この『レインメーカー』が2017年3~4月に洋画専門チャンネル「ザ・シネマ」で何度か放送されます。
https://www.thecinema.jp/detail/index.php?cinema_id=03476

『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』

今年初めにワシントンDCを訪問し(http://beikokupat.com/blog/?p=595)、帰国してから阿川尚之著『憲法で読むアメリカ史(全)』(http://beikokupat.com/blog/?p=662)を読んでから、アメリカの法制度について俄然興味が湧いてきました。また、以前から、米国特許翻訳社という社名で活動しているのだからアメリカの特許制度だけでなく法制度全体についてもきちんと勉強して精通しておくのは義務だろうとも思っていました。これまで忙しさにかまけてあまり勉強できていませんでしたが、冒頭の出来事が契機となって、これから少しずつでも研究していこうと決心した次第です。

まず入門書として、『現代アメリカ法入門—アメリカ法の考え方』(丸田隆著)という本を読んでみました。アメリカ法について、個人的に普段新聞やテレビドラマなどで耳にしたことはあるが詳しくは知らなかったことが丁寧に書かれており、「Law & Orderで言っていたことはそういうことだったのか!」というような発見がいくつもありました。例えば次のようなことが詳しく説明されています。

・コモンロー(アメリカ法の基本となっており、12世紀にイングランドで始まった王立裁判所を起源とする、判例を重視する主義)、
・判例主義(Case Law、「アメリカのコモンロー・システムの基礎である」p.69、「先例と、現在直面している事案の法律問題に共通性があるかどうか決定するために、裁判官は審判対象事件について判断を下す際に、法的争点に関する先例の決定を考慮しなければならない。」p.70)
・ロースクールで行われるソクラティック・メソッド(「教員は、事案(case)について批判的な思索を刺激する一連の質問を学生に矢継ぎ早に発して、多様な争点について自分の考えを瞬時に組み立て、同時に返答することを学生に求める」p. 18)、
・法律事務所の運営について(経営に参加できるのはエクイティ・パートナーからで、その上にマネージング・パートナー、シニア・パートナーがいる)、
・サーシオレイライ(州最高裁判所の判断に不服の場合に連邦最高裁判所に再審理を求めること)、
・特許権・著作権に関する訴訟は(州裁判所ではなく)連邦裁判所の管轄であること、
・クラスアクション(集団代表訴訟。これに参加することをopt-in、参加しないことをopt-outという)、
・ディスカバリ制度(民事訴訟で正式な審理に入る前に当事者同士で情報や証拠を開示し合うこと)、
・ミランダ警告(警察が被疑者を逮捕する際に言う「あなたには黙秘する権利があります」などのおなじみの文言)が導入されるに至った経緯。

また、この本には参考文献の紹介が多く、次にどの本を読んで研究を進めるべきかの参考になります。特に、洋書の参考文献が多く紹介されているのは有り難いです。