0年 0月 の投稿一覧

「等」を英訳する際の1アイデア

特許明細書では、「等」という表現が頻出します。そして、「等」をどのように英訳するかについての私の考え方を、30日間無料メール講座『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』の第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。今回は、この解説の補足をしたいと思います。

例えば、「A、B、C等」という日本語の表現があるとします。これを英訳する方法の1つとして、“such as”を使って“such as A, B, and C”とする方法があり、私も含め、特許翻訳者のあいだで非常によく使われています。しかし、特許明細書では、「等」の後に長めの説明が入ることがよくあり、「等」とあわせてうまく英訳するのが難しいときがあります。例えば、「A、B、C等の扱いが難しいもの」では、「等」の後に「の扱いが難しいもの」という説明が入っています。これを“such as”を使って英訳すると、例えば次のようになるかと思います。

something difficult to handle, such as A, B, and C

これはシンプルな例ですが、実際には「等」の後の説明がもっと長く、その説明の英訳も長くなり、“difficult to handle”という3語ではすまないことが多いです。この場合、“such as A, B, and C”が一体何の例なのかが分かりづらくなることがあります。これに対して、次のようにしてはどうかという意見が出てくると思います。

something, such as A, B, and C, difficult to handle

私は、この文章は不自然だと思います。というのは、“such as A, B, and C”は“something difficult to handle”の例になっているため、上の文章だと、“A, B, and C”がどのような性質のものなのかが“difficult to handle”を読むまで分からないような文構造になっているからです。

このような悩ましい場合、私は次のようにしています。

A, B, C, and other things difficult to handle

このようにすると、“such as”や忌まわしき“and the like”“or the like”を使わずにすみ、すっきりとした表現になります。

なお、“and other things”の“and”は、文脈や技術内容によって“or”あるいは“and/or”にしなければならない場合があります。また、“things”についても、より適切な表現を探す努力をしなければいけません。これらについても、第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。

また、一番目の英文“something difficult to handle, such as A, B, and C”は次のようにすることで「短文」化することができます。

something difficult to handle. Examples include A, B, and C.

30日間無料メール講座

ミーンズ・プラス・ファンクションクレームの歴史を概観する

連載『米国特許法解説』を更新しました。

第5回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その2)~

第5回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その2)~

小野康英先生が、第4回に続いてMPEPの法規範性について解説して下さっています。解説を通して、ミーンズ・プラス・ファンクションクレームの歴史を概観できるようになっています。また、Federal Circuitの「en banc」についても分かりやすく解説されています。通常、3人の判事から構成されるパネルによって審理が行われるFederal Circuitにおいて、どのような場合に所属判事全員が参加するen bancによって審理が行われるかについて詳しく知ることができます。私も含めた米国特許法の学習者にとってまた一つ貴重な資料が増えました。

労務管理を勉強する

チームで仕事をしていく』で書いたように、私は自分で経験したことや勉強したことを仲間とシェアして共に成長していきたいと常々思っています。そして、仲間とチームで仕事をしていくにあたり、職場をブラックな環境にすることのないように気をつけています。その一環として、労務管理の勉強を自分なりにしています。労務関連の本を読んだり、労働基準法を読み直したり、何年も前に作った就業規則を定期的にアップデートしたりしています。

労務管理の勉強をして思うことは、現在は労働者が手厚く保護されるように法整備がされているということです。会社でまかり通っている慣習が、実は労働者の権利を侵害していることがあるので気をつけなければならないと本当に思います。私の周りには、幸いなことに、自分の仕事が本当に好きな人が集まってくれています。しかし、仲間が仕事が好きだということに甘えて、過酷な労働環境を強いるようでは、チームとして長続きしないことは目に見えています。

私が愛読している『ビジョナリー・カンパニー』で紹介されている数々のビジョナリーな会社のなかには、ビジョナリーが過ぎてブラックな一面をもってしまっている会社があります(例えば、某世界的テーマパーク)。この本を読んでいると、ビジョナリー・カンパニーとブラック企業は紙一重だなと感じることがあると同時に、仕事が好きすぎるとこうなってしまうのも分かる気がする、と共感している自分がいました。あまりに『ビジョナリー・カンパニー』を盲信して仲間に迷惑をかけないように気をつけねばと思っています。今後、労務管理をもっともっと勉強して、職場環境の充実を図っていきます。

チームで仕事をしていく

愛読書『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』

パリ~ロンドン旅行

アパレル業界で働いている妻が、商品買い付けのためにパリとロンドンに出張することになり、通訳兼荷物持ちとして私も同行してきました。羽田空港からパリへ飛び、パリからユーロスターでロンドンへ移動し、ロンドンから羽田空港へ戻るというルートです。妻の仕事がメインの旅だったので、観光らしいことはほとんどできませんでしたが、それぞれの街を歩くだけで十分楽しめました。

image (37)
IMG_1446
IMG_20180204_164049

パリ、ロンドンともに、経費削減のためにAirbnb経由でキッチン付きのアパートメントを借り、大半の食事を自炊しました。パリでは、アパートメントの近くに日本の食材を専門に扱っているスーパー「kioko」(https://www.kioko.fr/fr/)があり、ここを利用することで日本にいるときと変わらない食事をすることができました。

image (50)

海外旅行の良い点は、飛行機で移動中の時間はネット環境のないオフライン状態になり、この時間を使って集中して作業ができることだと思っています(今年から国際線も無料WIFIが使えるようになるそうですが)。私は、飛行機などでの移動中にあまり寝れないたちで、機内の照明が暗くなって周りが寝静まっているときも一人黙々と何かしらの作業をしています。これが意外に集中できて非常に充実した時間を過ごすことができるので、海外旅行の楽しみの一つになっています。