0年 0月 の投稿一覧

『ブレイブ 勇敢なる者“えん罪弁護士”完全版』

BS1スペシャル『ブレイブ 勇敢なる者“えん罪弁護士”完全版』という非常に面白い番組を観ました。今村核という刑事裁判を専門にしている弁護士を取り上げたドキュメンタリーです。刑事裁判は、99.9%が有罪判決になると言われており、また弁護士にとって刑事裁判は儲からない仕事だそうで、多くの弁護士は引き受けたがらないということです。そんななか、この今村弁護士は刑事裁判でこれまでに14件もの無罪判決を勝ち取ったという凄い方です。番組では、いくつかの事例を再現していますが、法廷ドラマを観ているようで非常に面白く、しかもこれが実話ということでドラマよりもリアルさが増しています。特に、今村弁護士が科学的で緻密な検証を重ねた結果、裁判官が無罪を認めざるを得ない状況になってもなお、一審で有罪判決が下されたときは、司法の闇を感じました(二審で無罪)。そして何より、今村弁護士が裁判に取り組むときの執念を見て、ものごとを究めるとはこういうことを言うのかと思い知らされました。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2225535/index.html

ブレイブ 勇敢なる者“えん罪弁護士”

サスペンショントレーニング

私は、体力トレーニングが好きで、これまでいろいろなトレーニングを試してきました。去年までは、ジムに行ったりパーソナルトレーナーのレッスンを受けたりしていましたが、現在はそれらをやめて、サスペンショントレーニング1つに絞り、毎朝家で取り組んでいます。サスペンショントレーニングは、1年前に始めて、最近ますますハマっています。サスペンショントレーニングの魅力の1つは、数限りないトレーニングパターンがあることで、自分のレベルの発達に合わせてパターンを変えていけるので、マンネリにならず、飽き性の私でも続けることができています。また、サスペンショントレーニングで使うサスペンショントレーナーという器具は軽くて持ち運びが便利で、旅行にも持って行けて滞在先のホテルのジムなども行うことができます(サスペンショントレーナーを常備しているジムもあります)。下の動画では、サスペンショントレーニングを20分程度で体験できるようになっています。

運動不足解消のトレーニング

reverseとvacateの違い

小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)による連載『米国特許法解説』を更新しました。

第7回: 米国特許法の用語~Reverse v. Vacate~

今回は、裁判の判決などにおいて使われる場合のreverseとvacateの違いについて解説されています。reverseは「覆す」、vacateは「破棄する」という意味が一般的かと思いますが、解説を読むと、そんな単純な話ではないことが分かります。解説の中で明らかにされるreverseとvacateの違いは、どの辞書にも載っていません。非常に面白い記事を書いていただきました。

第7回:米国特許法の用語~Reverse v. Vacate~