0年 0月 の投稿一覧

米国特許セミナー@東京、大阪のご案内

今年の5月に開催した米国特許セミナーは、
おかげさまで好評をいただき、
もう一度開催して欲しい、関西でも開催して欲しい
などのご要望をいただきました。

そこで、前回と同じ内容の米国特許セミナーを、
9月に東京と大阪で開催することになりました。

ご案内ページ
http://bit.ly/2MiY4Uj

セミナー名:
米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』

講師:小野康英
(米国弁護士・米国弁理士(限定承認)、日本国弁理士、
Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)

日時・会場
・2018年9月14日(金)13:30~17:00
会場:東京都港区虎ノ門1-2-12 第二興業ビル3階

・2018年9月21日(金)13:30~17:00
会場:大阪府大阪市中央区西心斎橋 1-5-5アーバンBLD心斎橋 9階C号

セミナーの内容:
1.基本ルール
・明細書
・クレーム
2.権利解釈への影響
・クレームの記載
・明細書の記載
3.クレームの明確性要件(特許要件)

応募締め切りが8月27日までとなっております。

東京、大阪の各会場とも、定員が30名となっており、
参加希望者が30名を超えた場合、
参加者を抽選にて決定させていただきます。

抽選により参加が決まった方には、
2018年8月31日までにメールでご連絡差し上げます。

皆様のご応募をお待ちしております。
<会場スタッフの募集>

東京、大阪の各会場において、当日会場の準備などを
手伝っていただける方を若干名募集しています。

会場までの交通費と薄謝を差し上げます。
何より、小野弁護士の講演を聞くことができます。

興味がある方は、下記内容を「edu☆beikokupat.com」まで
お送りください(☆を@に変えてください)。

—————————————
件名:会場スタッフ応募

内容:
お名前:
メールアドレス:
電話番号:
希望会場:東京or大阪
—————————————

オーシャンズ8(一部ネタバレあり)

映画『オーシャンズ8』を観てきました。数年前から、オーシャンズシリーズの女性版が制作されているという噂を聞いていて、オーシャンズファンとしてはとても楽しみにしていました。男性版の『オーシャンズ11』『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』では、ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンが中心となって盗賊チームを組織していましたが、今作は、ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が中心となって女性盗賊チームを作るという設定になっています。ジョージ・クルーニーも登場するかも知れないと少し期待していましたが、ダニー・オーシャンは死亡したという設定になっていました(ジョージ・クルーニーは登場しませんでしたが、11~13の他のメンバーが数人登場して、11~13からのファンを喜ばせてくれます)。メンバーが全員女性で、しかも舞台がニューヨークのファッションショーということもあり、華やかさや美しさが全面に出ています。仲間を裏切らない、作戦は基本的に失敗しない、などの点は11~13と共通しており、楽しく観ていられました。また、これも男性版と同じく、オーディエンスは作戦の全貌を最後まで知らされず、エンディング近くになって種明かしが行われるという『スティング』のような作りになっており、かなり緻密な作戦だったことが最後に分かります。ほとんど仕事をしていたお盆でしたが、息抜きにいい映画を観ることができました。

 

米国特許法の歴史~明細書及びクレーム-記載要件の規定の沿革~

小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)による連載『米国特許法解説』を更新しました。

第10回:米国特許法の歴史~明細書及びクレーム-記載要件の規定の沿革~

第10回:米国特許法の歴史~明細書及びクレーム-記載要件の規定の沿革~

また、前回好評だった米国特許セミナーを、9月に東京と大阪で開催することになりました。詳細が決まり次第告知します。

関係代名詞を極力使わない

『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』の読者の方から、「第8回 みんな関係代名詞がおかしい!」についての感想メールが届きました。この方は特許翻訳者で、クライアントから関係代名詞を極力使わないように要請されているということです。私もこれに大賛成で、関係代名詞を使わずにすむなら使わないのが一番だと思います。第8回は、関係代名詞を使わざるを得ない場合の使用法の原則を述べたまでで、関係代名詞の多用を推奨しているわけではありません。(そもそも、例文「クレーム1に従属するクレーム2」などは意味のない文章です。)第8回に書いてある使用法をきちんと守って文法的に正しい英文を書いているからといって、それだけでいいわけではなく、読みやすい文章になっているかどうか考える必要があると思います。特に、関係代名詞の非制限用法を使って表される情報は、すでに述べられているなど重要でないことが多く、文章を読みにくくする原因になるため、思い切って削ったり、想像力をもってまったく違う構成の文章にするなどの対処を考えることが必要だと思います。上記のクライアントは、こういった対処を許容してくれる「話せる」クライアントかも知れません。ちなみに、読みやすさとは別の観点での話ですが、木村進一先生は、クレームでは形容詞も極力使わないようにと仰っていました。

下町ロケット ゴースト(一部ネタバレあり)

『下町ロケット』の新作『下町ロケット ゴースト』を読みました。今年の秋から始まるテレビドラマの新シリーズ用に書き下ろされたものだそうです。第1作目と第2作目に負けず劣らず非常に面白く、買ったその日に一気に読み終えました。第1作目ではロケット用バルブシステム、第2作目では人工心臓弁がテーマだったのに対して、今作は自動車用などのトランスミッションがテーマになっています。主人公である佃航平が経営する佃製作所が、取引先である帝国重工の経営不振などの環境変化に対応するため、トランスミッションの製造に新規参入することになり、それに伴う紆余曲折が話の大半を占めます。そして今作も、お約束(?)の特許侵害訴訟があり、弁護士が先願の地位を悪用したクレーム補正を行ったことが明らかになります。この手口には呆れたと同時に、そうか、そんな悪事のしかたがあったのか、と感心させられました。また、今作も様々な熱い言葉が並んでおり、kindle上でたくさんハイライトしました(『可能性ってのはね、探せばいろんなところに落ちてるもんだ。諦めるのはまだ早いよ』『会社だってひとと同じでさ。損得以前に、道義的に正しいかが重要なんじゃないのか。相手のことを思いやる気持ちや、尊敬の念がなくなっちまったら、そもそもビジネスなんて成立しない』など)。1点気になったのは、帝国重工の経営悪化に伴い同社のロケット事業であるスターダスト計画の中止が検討され、ロケット事業部部長の財前が退任したものの、スターダスト計画自体が中止になるのか存続するのかがはっきりしないまま話が終わってしまった感があることです。ひょっとしたら、近く続編が出るのかも知れません。とにかく、今作がテレビドラマでどんな風に描かれるのか、今から非常に楽しみです。