0年 0月 の投稿一覧

BRI基準及びPhillips基準のいずれを用いるかにより結論が異なると明言したPPC Broadband事件

小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)による連載『米国特許法解説』を更新しました。

第15回:米国特許法の基本~米国特許商標庁の手続におけるクレーム解釈(その3)~

第15回:米国特許法の基本~米国特許商標庁の手続におけるクレーム解釈(その3)~(2020年1月20日)

「BRI基準及びPhillips基準のいずれの基準を用いるかにより結論が異なると明言したPPC Broadband事件」という非常に面白い内容です。また、次のような事態が起こり得るとも解説されており、非常に興味深く読みました。

特許侵害事件においては、まず、連邦地裁で特許侵害訴訟が提起され、その後、USPTOで当事者系再審査(EPR: Ex Parte Reexamination)(35 U.S.C. 302-307)又はIPRの開始申請がなされるというケースがある。その場合、同一のクレーム中の同一の用語について、連邦地裁はその用語をPhillips基準に基づき解釈し、USPTOのPTABはその用語をBRI基準に基づき解釈するという事態が生じ得る。
「(2)連邦地裁におけるクレーム解釈及びUSPTOにおけるクレーム解釈」より

【24の例文に見る】冠詞用法の違いがもたらす意味上の差異

「『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語」を更新しました。

【24の例文に見る】冠詞用法の違いがもたらす意味上の差異

今回は、「第2編 冠詞用法」の前書きに含まれている「冠詞の機能の概略」(p.4-8)における解説をまとめました。

12対の例文を用いて、冠詞用法の違いによって文章の意味が変わることが簡潔に解説されており、これは英語学習者にとって非常に有意義な解説であると考え、今回選びました。

特に、用例(7)と(9)は要チェックです。