年の瀬になりました。今日は事務所に来て掃除をしています。普段は資料などが散乱している机の上を一気に片付けて、奇跡的に綺麗な状態に仕上げました。

今年は、新型コロナウィルスの流行で世間的に大変な1年でしたが、私個人としては、仕事以外の時間は、ほぼ本の出版準備のためだけに費やしたともいえる1年でした。

多くの方から温かい応援や協力をいただき、無事10月に出版することができました。お世話になった出版社は、かつて「特許翻訳の基礎と応用」というベストセラーを出した出版社です。

出版前に編集者さんと話していましたが、私の本は、ただでさえマニアックな感のある特許翻訳のなかでも、さらにマニアックな内容になっているため、ベストセラーの再来を狙うようなタイプの本ではないだろうと思っていました。

ただ、私の周辺の方々からは出版を望む声を多くいただき、私もこれまでに経験してきた特許翻訳実務を本にまとめると面白い本になるだろうと確信していました。

この思いが読者に伝わったのか、「【弁理士が選ぶ10冊】 知財「推し」本発掘隊 2021 結果発表! 」(https://toreru.jp/media/trademark/2342/)というところで私の本が好意的に紹介されたことを知り、とてもうれしく思っています。

今回、本の出版にあたり、編集者さんをはじめとした数人の別業界の方と知り合いました。それぞれのプロの仕事を目の当たりにすることができ、これがとても新鮮で、社会勉強になりました。

また、ここ数年ずっと進めていた本の出版計画をひとまず終えることができ、肩の荷が下りた気分です。これまでは、別のことをしていても、常に頭のどこかで 本のことを考えていました。計画を遂行したことにより次のステップに進む余裕ができたため、来年以降、また別の面白いと思うことをやっていきます。