0年 0月 の投稿一覧

“same”を使うときは5つのパターンに当てはまるか確認する

「グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語」を更新しました。

グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語 ~same~
http://beikokupat.com/blog1/paquette-ipenglish/same/

今回は、Chapter 111のsameついてまとめました。特許翻訳においては、「同じ」や「同一」などの表現に対応するsameを使う場面が非常に多いですが、今回の記事をまとめていて、sameの誤用に注意しなければならないと改めて感じました。

sameの正しい用法には5つの基本パターンがあり、sameを使うときは、この5パターンに当てはまるかどうかを確認する必要があると思います。

また、sameは「同じ」「同一」などの日本語原文に対して使用されると思いますが、原文に「同じ」「同一」が記載されているからといって、必ずしもsameを使用しなければならないというわけではなく、むしろsameを使用することにより不自然な英文になることがある例も紹介されています。

パケット先生の説明にはいつも関心させられますが、今回も、5つの基本パターンという、sameの指針となる非常に有益な情報を得ることができました。

特許翻訳者にとって興味深い判例~Superguide Corp. v. DirecTV Enters., Inc. (Fed. Cir. 2004)~

コラム特許翻訳を更新しました。

“at least one of”の通常とは異なる解釈について~Superguide Corp. v. DirecTV Enters., Inc. (Fed. Cir. 2004)~
http://beikokupat.com/blog1/column_patenttrans/at-least-one-of/

特許翻訳において多用される表現である”at least one of”が議論された判例Superguide Corp.についてまとめました。

記事にも書いてある通り、”at least one of A, B, and C”は、通常、「Aのみ」「Bのみ」「Cのみ」「AとB」「AとC」「BとC」または「ABCすべて」と解釈されると思いますが、Superguide Corp.では、「Aのなかの少なくとも1つ」「Bのなかの少なくとも1つ」「Cのなかの少なくとも1つ」という意外な解釈がされています。

記事では、このような解釈に至った原因のいくつかを紹介しています。その1つとして、かの名著The Elements of Styleが引用されており、この意味でも特許翻訳者にとって興味深い判例になっています。

Superguide Corp.の解釈はイレギュラーな解釈だと思いますが、なぜこのような解釈になったのかを知っておくことは有益と思い記事にしました。

コラム特許翻訳:関係代名詞①~thatとwhichを使い分ける~

コラム特許翻訳を更新しました。

関係代名詞①:thatとwhichを使い分ける
http://beikokupat.com/blog1/column_patenttrans/that-which1/

英文ライティングにおいて基本でありながら非常に重要な事項である、thatとwhichの使い分けについて、シカゴマニュアルを引用しながら簡単にまとめています。

この記事は、『特許翻訳者のための米国特許クレーム作成マニュアル』の「特許英語の基本をチェック」というコラムの内容を再掲したものです。

特許英訳では、thatとwhichを使い分ける場面が頻出するため、この使い分け能力は特許英訳において必須の能力だと思っています。

thatとwhichをどのように使い分けるかについては、シカゴマニュアルの引用文に端的に書かれています。また、これよりもさらに詳しい説明を、『ワンランク上へ・特許英訳無料メール講座』(http://beikokupat.com/email_seminar/)の第5回「関係代名詞を正しく使う」で書いています。

methodとbyの組み合わせに注意

「グレン・パケット著『科学論文の英語用法百科』から学ぶ特許英語」を更新しました。

http://beikokupat.com/blog1/paquette-ipenglish/by/

今回は、byの誤用についてです。今回の記事をまとめていて、「~による」「~によって」を機械的にbyにすることの危険性を改めて感じました。

特に、29.1.3『「道具」が手段、過程、方法、などである場合』に書かれているように、methodとbyの組み合わせには注意が必要であることが分かります。特許明細書では、「~方法により・・・を行う」といった表現が頻出しますが、「~方法により」を”by … method”とするのはbyの誤用である可能性があるため、記事を一読してよく考えた方がいいと思います。

その他にも、「ここはbyでいいのか?」と迷うときに役立つ解説が満載です。

記事をまとめるのに丸一日かかりましたが、何度も読み直す価値のある(もとの本が秀逸なので)よい情報ソースができたと思っています。