特許翻訳者のあるべき姿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、折にふれて木村進一先生のブログ記事を読むことにしています。先日改めて読んだ記事『育たない特許翻訳者、育てない特許事務所-翻訳とは意訳なり─』は、特許翻訳者の本来あるべき姿が描かれており、当社もこのような姿を目指そうと決意を新たにしました。

英語力に加えて、日本法の知識、外国法制や現地の実務の知識、たとえば、FestoやKSR、さらにEPCにおける各種審決例の法理などを三位一体的に総動員して翻訳に当っている特許実務家が果たして何人いるでしょうか。

翻訳とはそもそも意訳なのであり、「意訳が悪いのではなく、悪い意訳があるとすれば、英語力不足、思考力不足、教養不足の酸欠ならぬ“三欠”の結果です」という指摘は、心にズキンときます。“三欠”の状態で行われた意訳が一番たちが悪いことは、私もこれまで多くの翻訳を見てきて感じてきたことですが、これは程度の差の問題であって、木村先生に言わせると、当社の翻訳もまだまだ“三欠”なのかも知れません。記事で言及されているロボット(つまりAI)との差別化のためにも、当社は上記特許実務家のような姿を目指していきます。この記事を読んで、木村先生にまた叱咤激励された気分になりました。

ちなみに、記事では、記載不備で拒絶された稚拙な翻訳を木村先生が書き直されていますが、改訂文の[0002]において、“One of them is to devise such a program as to guard against unauthorized use”という文章があります。この“one … is to 動詞”という表現は、冒頭に“is”という結論がきていて非常に読みやすい上、改訂文で行われている「短文」化のためのツールとしてかなり応用の効く便利な表現です。実際、私が米国特許法律事務所に勤めていたとき、米国弁護士がこの表現を使っているのを頻繁に目にしました。例えば、鑑定書(クライアントの発明と先行技術とを比較したもの)において、“one possible approach to circumvent the prior art is to …”(当該先行技術を避ける方法の一つとして、・・・することが考えられます)といった具合に。また、“to 動詞”の部分をthat節にすることもでき、更に応用の効く表現になります。例えば、“a possible explanation is that …”(その理由の一つとしては、・・・であることが考えられる)など数限りない表現を作ることができます。

特許英語の大家、木村進一先生

http://skimura21.exblog.jp/7705600/

育たない特許翻訳者、育てない特許事務所-翻訳とは意訳なり─

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*