料理関係の英文記事は方法表現の勉強になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何気なく読み始めたスターバックスに関する英文記事に、特許翻訳において特に方法を表現する際に役立ちそうな表現がたくさん含まれていました。忘備録としてここに書いておきたいと思います。

http://www.thisisinsider.com/tips-from-starbucks-baristas-2017-12

I was a Starbucks barista for 4 years — here are the biggest things I learned

Guaranteed, Starbucks Gold members can pinpoint the memory of the first time they laid eyes on a beautifully layered, two-toned iced caramel macchiato. Most people’s first inclination upon receiving the cup is to swirl their straw in circles, mixing the two layers of espresso and milk to create a uniform creamy brown-colored coffee drink.

上の2つの文章のうち、2文目(Most people’s …)は、多くの人がキャラメルマキアートを飲むときにやってしまいがちな行動で、ストローで全体をかき混ぜることが残念な行動として紹介されています。この文章の構造(swirl …, mixing … to create)は、何かを作ったりする際の表現として応用が効く(使い回せる)のではないかと思います。また、ここにも、『特許翻訳者のあるべき姿』で紹介した“… is to動詞(ここではswirl)”という便利表現が使われています。

次の文章は、複数の材料を順番に加えていって何かを作るための説明文として英借文できるかも知れません。“to start”は、日本語明細書の「まず」として使えそうです。

A caramel macchiato is made with vanilla syrup to start, then milk, then espresso, and is finished with a special crosshatched pattern of caramel drizzle.

次の文章は、構造物の構成要素を列挙する際にコロンが使用されている例です。

An espresso shot is made up of three parts: the heart (the dark brown base), the body (the middle layer), and the crema (the creamy, beautiful foam topper that provides a bit of sweetness).

次の文章は、上記記事とは別のスタバ関連記事からの抜粋です。“in either mocha or Frappuccino form”の“in … form”は「・・・形状で」「・・・の形態で」といった意味で私もよく使っています(formは無冠詞)。

http://www.thisisinsider.com/starbucks-holiday-drinks-around-the-world-2017-11

12 Starbucks holiday drinks you won’t find in the US

Baristas mix white chocolate with sour raspberries in either mocha or Frappuccino form, then top a dollop of whipped cream with the same ingredients.

記事の至るところで、“top”が動詞や形容詞で使われています。「てっぺん」にあるものを説明したり、「てっぺん」に何かを施したりするときに使えるかも知れません。

Starbucks closed its Teavana stores earlier this year, but the brand name teas are still available. Malaysia mixed the black tea with apple juice to create a special flavor for the holidays. It’s topped with cinnamon spice foam.

上記の記事に限らず、料理の作り方が書いてある記事は、「動き」を伴う表現が多く、同じく「動き」を伴う表現が多い特許の方法表現の参考になると私は思っています。

特許翻訳者のあるべき姿

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*