「等」を英訳する際の1アイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特許明細書では、「等」という表現が頻出します。そして、「等」をどのように英訳するかについての私の考え方を、30日間無料メール講座『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』の第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。今回は、この解説の補足をしたいと思います。

例えば、「A、B、C等」という日本語の表現があるとします。これを英訳する方法の1つとして、“such as”を使って“such as A, B, and C”とする方法があり、私も含め、特許翻訳者のあいだで非常によく使われています。しかし、特許明細書では、「等」の後に長めの説明が入ることがよくあり、「等」とあわせてうまく英訳するのが難しいときがあります。例えば、「A、B、C等の扱いが難しいもの」では、「等」の後に「の扱いが難しいもの」という説明が入っています。これを“such as”を使って英訳すると、例えば次のようになるかと思います。

something difficult to handle, such as A, B, and C

これはシンプルな例ですが、実際には「等」の後の説明がもっと長く、その説明の英訳も長くなり、“difficult to handle”という3語ではすまないことが多いです。この場合、“such as A, B, and C”が一体何の例なのかが分かりづらくなることがあります。これに対して、次のようにしてはどうかという意見が出てくると思います。

something, such as A, B, and C, difficult to handle

私は、この文章は不自然だと思います。というのは、“such as A, B, and C”は“something difficult to handle”の例になっているため、上の文章だと、“A, B, and C”がどのような性質のものなのかが“difficult to handle”を読むまで分からないような文構造になっているからです。

このような悩ましい場合、私は次のようにしています。

A, B, C, and other things difficult to handle

このようにすると、“such as”や忌まわしき“and the like”“or the like”を使わずにすみ、すっきりとした表現になります。

なお、“and other things”の“and”は、文脈や技術内容によって“or”あるいは“and/or”にしなければならない場合があります。また、“things”についても、より適切な表現を探す努力をしなければいけません。これらについても、第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。

また、一番目の英文“something difficult to handle, such as A, B, and C”は次のようにすることで「短文」化することができます。

something difficult to handle. Examples include A, B, and C.

30日間無料メール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。