愛読書『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
btl

私が愛読している本に
ビジョナリー・カンパニー
という本があります。

原書は英語で書かれており、
Built to Last: Successful Habits of Visionary Companies
というタイトルで、
私は英語の勉強も兼ねてこちらの方を主に読んでいます。

会社を立ち上げるときに
様々なビジネス本を読み漁りました。

その中でも、
この『ビジョナリー・カンパニー』に強烈な印象を受け、
私の会社もビジョナリー・カンパニーのようにしたいと願い、
そのために今でもほぼ毎日読んでいます。

IMG_2972

ビジョナリー・カンパニーとは、
先見の明のある会社という意味ではなく、
未来を見据えたしっかりとしたビジョンをもつことで
時代を超えて超一流であり続ける
会社のことです。

具体的には、この本には次の18社が
ビジョナリー・カンパニーとして紹介されています。

3M
アメリカン・エキスプレス
ボーイング
シティコープ
フォード
GE
ヒューレット・パッカード
IBM
ジョンソン・アンド・ジョンソン
マリオット
メルク
モトローラ
ノードストローム
プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
フィリップ・モリス
ソニー
ウォルマート
ウォルト・ディズニー

これらのビジョナリー・カンパニーに共通する点として、
次の点が挙げられています。

・ビジョンをもち、同業他社から尊敬される卓越した企業である。

・創業者は、素晴らしい商品アイデアで大ヒットを飛ばすことを重視しない。彼らにとってもっとも大切なのは、ビジョナリー・カンパニーになる「組織」を築くことである。

・経営者の多くが、カリスマとは程遠い、控えめで思慮深い人物である。

・基本理念を維持しながら、進歩を促している(これこそがビジョナリー・カンパニーに真髄である)

・基本理念を維持しながら進歩するため、次の5つのことを行っている。
1.大胆な目標を持つ
2.カルトのような文化を持つ
3.大量のものを試して、うまくいったものを残す
4.生え抜きの経営陣を持つ
5.決して満足しない

本の中では、
様々なデータが駆使され、
これらの点がもたらす効果の
証明が行われています。

・カリスマは必要ない、
・ヒット商品よりも組織を作る、
・社員がカルト的に会社が好きだ
などなど、非常に共感し、真似したい点が多く、

当社をビジョナリー・カンパニーに近づけるために
必要なことを取りこぼさないように、
何度も何度も読み返しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*