reverseとvacateの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)による連載『米国特許法解説』を更新しました。

第7回: 米国特許法の用語~Reverse v. Vacate~

今回は、裁判の判決などにおいて使われる場合のreverseとvacateの違いについて解説されています。reverseは「覆す」、vacateは「破棄する」という意味が一般的かと思いますが、解説を読むと、そんな単純な話ではないことが分かります。解説の中で明らかにされるreverseとvacateの違いは、どの辞書にも載っていません。非常に面白い記事を書いていただきました。

第7回:米国特許法の用語~Reverse v. Vacate~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。