米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』が終了しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月21日、米国特許セミナー『米国:特許明細書作成の留意点(事例紹介)』を開催しました。週明け月曜日の開催にもかかわらず、多くの方に参加いただきました。クレームの基本ルール、クレームの記載、クレームの明確性要件などについて、小野康英先生に約3時間にわたり講演いただきました。クレームや明細書の各項において、どのような記載が権利解釈にどのような影響を与えるかについて、判例に基づいて解説されていたため、非常に説得力があり、大変勉強になるセミナーでした。私は主催者として参加しましたが、一学習者として終始楽しませていただきました。また、小野先生の説明は分かりやすく、話も上手いので、講演内容に集中できて3時間があっという間に過ぎていったように思います。今後も、同様のセミナーを企画していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。