優秀な特許英文チェッカーはまず優秀な特許英訳者であるべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社では、優秀な特許英訳者を育てるのはもちろん、優秀な特許英文チェッカーも育てたいと考えています。しかし、優秀な特許英文チェッカーを育てるのは、優秀な特許英訳者を育てるよりもはるかに難しいと感じています。優秀な特許英文チェッカーとは、他人の翻訳文の明らかな間違い(訳抜けなど)を指摘することはもちろん、技術、特許、英語を総合した観点からより良い英文にリライトできるチェッカーのことだと私は考えています。こういったことができるためには、まず自分自身で、技術、特許、英語を総合した観点から英文を作成できることが必要だと思います。こういう英文が作成できるスキルを身につけた上で、他人の翻訳文を注意深く批判的にチェックすることができるスキルも身につける、という段階を踏んだ育成方法をコストをかけて取り組んでいく必要があると考えています。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.