良質な明細書翻訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、企業の知財部の方とお話しする機会があり、いろいろな有益な情報を教えていただきました。話のなかで、明細書翻訳についての付加価値ということが話題になりました。この企業では、外注している明細書翻訳に対して特許的な付加価値を求めているということです。しかし、それにもかかわらず、納品されてくる明細書翻訳には特許的な付加価値がないものがほとんどだということでした。原文に忠実な翻訳をすることが基本である翻訳会社から上がってくる翻訳に特許的な付加価値を期待できないのはもちろんのこと、特許に詳しいはずの特許事務所から上がってくる明細書翻訳でさえも、特許的な付加価値がないものが多いのだそうです。また、この企業は、明細書翻訳の質をかなり重視しており、極論ではありますが、時間をかければ良質な明細書翻訳が作成できるのなら、優先権を失ってでも時間をかけて良質な明細書翻訳を作りたいというスタンスをとっているそうです。良質な明細書翻訳とは、『優秀な特許英文チェッカーはまず優秀な特許英訳者であるべき』で書いたように、技術、特許、英語すべての観点において付加価値を与えることのできる特許英文だと思っています。今回お話しの機会を得て、翻訳会社にはまだまだできることがある、あるいは翻訳会社の怠慢によりできていないことがある、と改めて感じました。

SNSでもご購読できます。