『突破せよ 最強特許網 新コピー機誕生』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突破せよ 最強特許網 新コピー機誕生』という本を読みました。かつてNHKで放送されていたドキュメント番組『プロジェクトX』を書籍化したシリーズの一つです。1960年代、日本のキャノン社が、当時売り上げの大部分を占めていたカメラ事業への依存から脱却すべく、新たにコピー機の製造に参入し、世界シェアNo.1になるまでの紆余曲折が描かれています。

当時、コピー機といえばアメリカ企業ゼロックス社が絶対王者で、シェア100パーセント、鉄壁の特許網を張って新規参入者を阻んでおり、あのIBMでさえコピー機を開発しようとしてゼロックス社に訴えられ、2500万ドルもの和解金を支払わされたということです。ゼロックス社の特許網の完璧さが次のように説明されています。

一つひとつの技術が、二重三重の特許によってプロテクトされていた。

「事業を独占するためには特許はこう使うんだ、と。そのお手本といっていいような、理想的な活用術でした。特許というものが、ここまで奥深いものだとは、ゼロックスの特許を知るまでは私には想像もできなかった」

キャノン社は苦労に苦労を重ね、ゼロックス社のこの完璧な特許網をかいくぐる「NPシステム」という独自の技術を開発し、世界中で特許を取得して製品化します。ところが、王者ゼロックスが、キャノン社が取得したNPシステムに関する特許の取り消し申請をイギリスとオーストラリアの特許庁に提出するという対抗措置をとってきました。

NPシステムの特徴は、コピー機の感光体に絶縁フィルムを巻きつける点にあり、ゼロックス社は自社の特許に「additionally comprises an insulating film(追加的に絶縁フィルムを含む)」という記載があることを主張し、特許取り消し申請の根拠とします。

このままでは勝てないと悟ったキャノン社の特許マンは、別のアプローチで対抗できないか鋭意検討します。その結果、NPシステムでは「同時」に行う2つのステップが、ゼロックス社の特許技術では「同時」にはできず、「順次」にしかできないことを突き止め、実験により証明することに成功。これがもとになって、取り消し申請は軒並み却下され、キャノン社はNPシステムが独自の技術であることを自分たちの力で証明しました。

ざっとこういう内容の本ですが、特許に関わる人間ならば一度は読んでおいた方がいい非常に面白い本だと思います(私も、ある方からそう言われてこの本を薦められました)。特許翻訳者にとっても、コピー機の勉強になり、また用語の勉強になるのではないかと思います。例えば、ともに「技術」を表す「テクニック」「テクノロジー」の使い分け方が、次の一文から分かります。

日本の「技術」は「テクニック」であり、「テクノロジー」は欧米のモノまねでしかないという批判がつきまとっていた。

それにしても、ゼロックス社の周到さには驚かされました。上記の「同時」がキャノン社によって不可能であることが実証されましたが、もしキャノン社が実験をしていなければ不可能とは分らなかったわけで、そんな不可能なオプションについてもゼロックス社の特許にはしっかりと“simultaneous”と付記されていたということです。特許の奥深さを知ることができる良い本を教えていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。