図面を参照しやすくするための工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

特許明細書には多くの場合
図面が添付されています。

当然のことですが、
図面が添付されている明細書を翻訳する際、
必ず図面を参照しながら翻訳
にあたる必要があります。

例えば、原文の「図5に示すように、」を訳す際、
ただ”as illustrated in FIG. 5,”と訳すだけではなく、
実際に図5を目で確認しながらその先の原文を読み進め、
説明されている構造などを理解しながら翻訳します。

このように、
原文と図面とを突き合わせながら
翻訳することで原文の理解が深まり、
より良い翻訳に繋がります。

ここで障壁になってくるのが、
該当する図面を見るという行為が
意外と容易ではない(面倒くさい)
ということです。

例えば、
図面をすべてプリントアウトして
ホッチキスで1つにまとめ、
1枚ずつめくりながら該当する図面を
探すという一般的な確認方法があります。

この「めくる」という作業が
翻訳者にとってなかなかの重労働
になることがあります。

あるいは、
データ化された図面上でスクロールなどを
しながら該当する図面までたどり着くという
方法もあります。

この場合、スクロールという手の動きが
意外と負担になることがあります。

また、明細書によっては複数の図面を
一度に見ないと理解しづらいこともあります。

これらの負担をなくすために、
私の会社ではスタッフ一人一人が
1~2枚のホワイトボードを専有し、
翻訳中の図面をプリントアウトして
ホワイトボードにすべて貼るようにしています。

その様子を写した写真がこれです。

IMG_3027

こうすることによって、
頭を動かすという非常に簡単な作業で
該当する図面を確認することができます。

この方法、社内でとても好評ですので
是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*