知らないことを英語で知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を上達させるために私が普段から行っている
方法をご紹介します。

それは、「情報を英語で得る」ということです。
「知らないことを英語で知る」とも言えます。

何か知りたいことがあると、
必ず英語のサイトなどで調べるようにしています。

例えば、私は今話題となっているパナマ文書とはどんなものか
知りたかったので、ガーディアンというイギリス紙のサイトで調べました。
http://goo.gl/KCdGGi

また、YouTubeでも調べ、冒頭にある動画を
見つけました。

よく「洋書を読む」「TIMEを読む」などという
言い方がされますが、こういった表現からは
英語の情報媒体を読むこと自体が目的であるかのような
印象を受けないでしょうか。

本来の目的は、英語の媒体を読むことによって(聞くでもいい)
何らかの情報を得ることだと思います。
そして、この習慣をつけることによって英語力が格段に
伸びたというのが私の実感です。

またここで私が重要だと思っているのは、
自分の英語レベルに合った英語媒体を
使うということです。

自分の英語レベルよりも高いものを
使うと書いてあることが理解できず、
もちろん情報を得ることもできず、
嫌になって英語を読む(聞く)こと自体をやめてしまう
ということになりかねません。

上記のTIMEはそのいい例です。
多くの日本人にとってTIMEは難解で、
また私個人の印象としては書いてある内容も
あまり面白くありません。

「知らないことを英語で知る」という意味では、
HowStuffWorksというサイトがおすすめです。
http://www.howstuffworks.com/

ここではあらゆるジャンルのことが
比較的簡単な英語で説明されています。

ウィキペディアの英語版と同じようなものと言えますが、
ウィキペディア英語版は記事よっては分かりにくいものもあり、
知らないことを英語で基本から知るにはHowStuffWorksが
おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*