大阪開催・フリーランス特許翻訳者向け講座『フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座』のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【満席・キャンセル待ちになりました】

フリーランス特許翻訳者向けの英訳講座を
大阪で開くことになりましたのでご案内します。

先月まで東京で開いていた講座に
新しい内容を加えて再編成したものになる予定で、
東京同様、盛りだくさんの内容にしたいと思っています。

取り上げる内容は、
・特許翻訳会社の人間から見て
どのようなフリーランス翻訳者が一緒に仕事をしやすいか、
・しっかりとしたコメントの書き方、
・特許翻訳者の大半が間違えている英文法や英語表現、
・「短文」化が必要な本当の理由、
・米国式クレームの書き方
などです。

受講者には毎回課題を提出していただき、
私がしっかりとそして厳しく添削させていただきます。

当社の性質上、米国出願に重きを置いた講座内容になると思いますが、
東京の講座では多くの受講者が役に立ったという感想をくださいました。

受講者の対象としては、
特許翻訳の基本的な知識がある方を想定しています。

受講をご希望の方は、ここからお申込みください。

講座名フリーランス翻訳者のための特許英訳・重要ポイント講座
<第1回内容>
「いい」フリーランス特許翻訳者になるためのポイントやマインドセットの解説
日時:2016年8月5日(金) 19:00〜20:40

・いい特許翻訳者とは?
・特許翻訳会社が考える、仕事を受注しやすい人の特徴
・コメントの書き方を徹底的に学ぶ
・課題(1)の配布
<第2回内容>
特許英訳でおさえておきたいポイントの解説
日時:2016年8月19日(金)19:00〜20:40

・課題(1)の解説
・特許明細書の英訳の基本解説
・間違いやすい英文法の確認
・「短文」化が必要な本当の理由
・課題(2)の配布
<第3回内容>
特許明細書・実施形態の英訳
日時:2016年9月2日(金)19:00〜20:40

・課題(2)の解説
・特許明細書・実施形態の英訳を解説
・自然な英語を書く
・PCTと米国出願用英訳の違いを考える
・課題(3)の配布
<第4回内容>
特許クレームの英訳
日時:2016年9月16日(金)19:00〜20:40

・課題(3)の解説
・クレームの形式(ジェプソン形式、サブパラグラフ(コンビネーション)形式)
・離れているものを関係付けるテクニック
・誤解のない英文クレームにするための工夫
・演習
講師大島 祥貴
日時2016年8月5日、8月19日、9月2日、9月16日(隔週 金曜・全4回)
19:00〜20:40(100分)
会場AP大阪淀屋橋(京阪淀屋橋ビル)3F-Hルーム
大阪市中央区北浜3-2-25
Tel:06-6204-0109
Fax:06-6204-1109

交通アクセス
地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」北改札より徒歩約3分
地下鉄堺筋線「北浜駅」北改札より徒歩約5分
京阪本線「淀屋橋駅」中央改札口より徒歩約2分
「北浜駅」中央改札口より徒歩約5分
https://www.tc-forum.co.jp/kansai-area/ap-osakayodoyabashi/oy-base/
受講料(税込)39,800円
(銀行振込、クレジットカード)
定員15名
※お申込みは定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込締切2016年7月22日(金)正午
事前課題あり。
レベルチェックのため、短めの文章を英訳していただきます。(7月22日(金)にメールで送付いたします。)
申込ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*