シンガポールで改めて思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
知り合いの社長さん達と、
シンガポールにあるマリーナ・ベイ・サンズの
コンベンションセンターへ行き、
 
今後の世界経済の動向や
海外での資産運用などについての
話を聞いてきました。
 
イギリスのEU離脱をめぐる国民投票の
まっ最中だったこともあり、
会場ではこの話題が頻繁に取り上げられ、
 
ここで私は初めて
Brexit(British exit(British withdrawal from the European Union))
という言葉を覚えました。
 
会合後にはカジノに誘われましたが、
私は東京に帰ってたまっている仕事を片付けたかったので
断ってチャンギ国際空港に直行しました
(こういう付き合いの悪さを直したいと思っています)。
 
1泊3日という弾丸ツアーでしたが、
有益な話をいろいろと聞けたり、
普段の仕事の延長線上では絶対に会えない人と知り会えたりと
有意義な出張となりました。
 
今回の滞在で私が一番考えさせられたのは、
商売柄、やはり英語についてです。
 
シンガポールに向かう機中(シンガポール航空)や
現地滞在中、現地の人たちと英語で話す機会がありました。
 
シンガポール航空のCAさんを含め、
私が話したシンガポールの人たちは
お世辞にも英語がうまいとは言えませんでした。
 
しかし、下手なりに堂々と話し、
意思疎通ができている。
これは、頻繁に行く香港でも感じることです。
 
我々日本人は英語の知識では
シンガポールや香港の人たちに負けていないと思います。
言い古されたことですが、
日本も気軽に英語を話せる土壌ができればいいのに
と改めて思いました。

1466661477789

1466661650311

1466661691305

1466661740469

IMG_20160622_203733

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*