良く書けた英文クレームは感動を与える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日、あるクライアントから、これまで私の会社が米国出願用に英訳した明細書についてのフィードバックを受けました。このクライアントからのフィードバックは、米国の代理人が当社が英訳した明細書を読み、気になった点をクライアントに伝え、クライアントがその点を当社に伝えるというかたちになっています。概ね好評価をいただき安心しましたが、細かい点として、ミーンズ・プラス・ファンクションの観点からのより良い表現や、訴訟を考慮した表現方法などを提案いただき、非常に有意義な打ち合わせとなりました。

また、これからも日本語にとらわれずもっともっと分かりやすい英文クレームにして欲しいという要望もいただきました。こんな要望を受ける翻訳会社も少ないと思いますが、非常に嬉しく勇気が出てくる要望です。クライアントが本当に良い使える米国特許を取りたいと考えている証拠だと思います。日本語にとらわれ過ぎた英文クレームは意味が分かりにいことが多く、意味が分からない部分は審査官に無視されるというのは山口洋一郎弁護士が講演で何度も繰り返し言っておられる通りです。

有能な特許弁護士が書く英文クレームは非常にシンプルです。それでいて、重要な点は漏らさない。こういうクレームは読んでいて感動します。これは、英語にするのが難しそうな日本語を小慣れた英語で上手く表現できているといったレベルの話ではありません。非常にシンプルでありながら、審査や訴訟に強く、且つ英文自体が上手く美しさすら感じる。私は米国特許事務所に勤務しているときにこのようなクレームを何度も目にし、自分の未熟さを痛感したものでした。

どのようにしたらシンプルで良い英文クレームが書けるようになるかというと、私も模索している途中ではありますが、例えば、日本語を読み内容を理解した上で全体を有機的にまとめて英語でアウトプットするという作業が必要だと思います。ほんの一例を『離れているものを関係付けるテクニック』で説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*