特許英語の大家、木村進一先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はこれまでに一度だけ翻訳学校に通って特許英語を学んだことがあります。それは、かつてバベル・ユニバーシティの大阪校で開講されていた木村進一先生という弁理士をされていた方の授業です。木村先生は日本の特許英語の第一人者とも言える名の通った方で、その授業内容は非常にレベルが高く、付いて行くのに非常に苦労した覚えがあります。特許翻訳講座といったありきたりな講座名だったと思いますが、米国特許実務者向けの英文明細書作成講座あるいは英文クレーム・ドラフティング講座と言った方が授業内容をよく表していたと思います。当時は理解できなかったことが多かったですが、多少経験を積んだ十数年後の今、当時授業で使われた資料を改めて読み返してみると、納得することばかりで非常に面白いです。例えば、日本語にとらわれない英文を書くという考え方が授業の全体を貫いており、このことは今私の会社がクライアントから求められていることです。

一方で、日本語にとらわれない英文を書くという木村先生が少なくとも十数年前から説いておられた翻訳方針(且つ本当に良い米国特許を取りたいと考えている一部の企業が求めている翻訳方針)で英文を書く技量のある人がどれだけいるのだろうと思うことがあります。当時、一緒に受講していた特許事務所の方が「木村先生は正論を仰っているが、実際の現場では木村先生がされる様なクレームにするのは無理だ」というようなことを陰で言っていたのを覚えています。少なくとも当時から現在に至るまで、この本音が特許翻訳を形作っており、木村先生の方針を奨励する人は少数派のままとなっているため、それを実践する人も教えられる人も育っていないのではないかと思います。

授業では厳しかった木村先生ですが、授業を離れると非常に気さくで気軽に話しかけてくださり、何度か食事に誘っていただこともありました。食事の席などで特許や英文ライティングに関する多くのことを木村先生から個人的に聞くことができ、これも今の仕事に役に立っていると思います。いくつかについて『英文ライティングが上手くなる方法』や『洋書を読まない特許翻訳者の特徴』で書いています。

非常に残念なことに、木村先生は既に亡くなっているためもう授業を聞きに行ったり相談に行ったりすることはできませんが、木村先生が書かれていたブログ記事を『特許評論』で今でも読むことができます。読むと分かりますが、特許翻訳者や特許実務者にとって耳が痛くなることがたくさん書いてあります(というよりもそのことしか書いてありません!)。特に、ある記事のなかで、英訳された特許明細書の多くについての川柳を木村先生が詠まれており、かなり痛烈な内容になっています。

特許評論』はもう更新されませんが、これまでに書かれた記事だけでも特許翻訳者や学習者にとっての指針として重要な存在だと思います。ずっと削除されることなく残ることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*