良い特許翻訳者かは構造表現で分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特許明細書では、ものの構造を説明するということが頻出しますが、日本語で書かれた構造説明を上手に英語で表現することはなかなか難しい作業です。日本語でなされた説明を直訳のようなかたちで英語化したものは、意味不明な英語になったり、英語としてくどく特許的に好ましくない表現になったりするため、十中八九、使い物になりません。私もそうでしたが、技術者が日本語で明細書を書く際に、限られた時間のなかで、後々翻訳者が英訳がしやすいような構造説明にしようといった思いやりを持つことはほとんどないか、あっても誤訳のないように係り結びを明確にする工夫をするぐらいが精々ではないでしょうか。英語での構造説明は特許翻訳者の腕の見せ所であり、いい特許翻訳者かどうかを見分けるバロメーターとも言えます。特許翻訳者として成功するためには、英語での構造表現力を磨き、クライアントから「この複雑な構造をあの人なら英語でどう上手く表現するか見たい」と期待されるぐらいになるべきだと思います。私はそうなりたいといつも思っています。

構造説明の英訳の方針としては、私は、日本語で意図されていることを最大限に汲んだ上で、最も近く且つ英語として適切な表現を考えるということをしています(もっとも、これは構造表現に限らず、私の会社で特許翻訳全体に適用している方針ですが)。このような表現は、結果として日本語にとらわれない表現になっていることが多いです。具体的には、日本語原文をよく読んで内容を理解し、頭の中で『離れているものを関係付けるテクニック』で説明しているような再構築化をして、再構築化した内容を知っている適切な英語で表現する、あるいは適切な英語表現を探すようにしています。このような英語表現がすぐに出来上がることもありますが、大抵は出来上がるまでにあーでもない、こーでもない(「あーするとヘンな誤解を招くかもな」「こーすると原文のこの部分が汲み取れてないな」)と推敲を重ね、時には一つの構造説明を英語にするのに半日ぐらいかかることもあります。

このように、英語で理解される構造説明を書くためには、原文をよく読んで構造内容を理解し、再構築化を行い、適切な英語で表現する、という作業が少なくとも必要だと思います。これらの要素は一つ一つがとても重要で訓練が必要なスキルかも知れません。再構築化は、第2日本語化といった名前で一部の翻訳学校で教えているようですが、特許翻訳では単に分かりにくい日本語を分かりやすい日本語に変えるだけでなく、特許的にもより適切な表現に変えるという作業が必要だと思います(『実践・米国式特許クレーム作成講座』で詳しく解説しています)。またこれは、上記のように構造説明だけでなく明細書全体に適用すべきことで、特にクレームでは意味不明・不必要な限定を徹底的に排除すべきです。しっかりと翻訳をしているのだから意味不明になどなるわけがないだろう、と思われるかも知れませんが、それは慢心で、英語しか読めない人から「ここが分かりにくい」と指摘されることはよくあります。私は、自分の書いた英語が誰が読んでも同じ解釈になるかどうか、謙虚な気持ちで問い直し、推敲するようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*