ファッション記事は構造表現の勉強になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『良い特許翻訳者かは構造表現で分かる』(http://beikokupat.com/blog/?p=455)において、英語での構造表現力の重要性について書きましたが、英語での適切な構造表現を知ることができる情報源の1つとして、英語のファッション記事を挙げることができます。これは意外と思われるかも知れませんが、ファッション記事と特許明細書の読み方は似ているところがあります。ファッション記事ではファッションについて多くの場合写真を参照しながら説明し、特許明細書は図面を参照しながら説明することが多い点が似ており、またファッション記事で使われている表現を英文明細書にも使えることがよくあります。このように仕事に直結する発見があるのと、自分自身ファッションが好きなこともあって、私は時々英語のファッション記事を読んでいます。

ファッション記事を読むときは、図面付きの特許明細書を読むのと同じように、写真で確認しながら説明を読むようにしています。例えば、9月に行われたニューヨーク・ファッションウィークに関する記事を見つけたので読んでみました。

“Exclusive: Alexander Wang Does See-Now-Buy-Now His Way With a Capsule of Spring 2017 Pieces”
http://www.vogue.com/13490385/alexander-wang-spring-2017-buy-now-collection/

Alexander Wang’s neon-colored surf-core show at New York Fashion Week was one of the highs of the season that left guests feeling optimistic about fashion’s future—and with a long laundry list of items to covet. Luckily for #WangSquad members everywhere, the designer is releasing a selection of denim, T-shirts, and bags from the collection for immediate-ish purchase. We say immediate-ish because the release of the capsule collection arrives tomorrow, October 10, exactly one month after Wang’s riotous Spring 2017 show.

Among the lineup are shredded denim jackets and jeans in light blue and white, a series of bucket bags in neon coral and black, a new set of tees featuring the brand’s barcode logo in leopard print, and a neon fabric cuff complete with a metal chain that the brand is calling a “surf cuff”—the more dirty-minded Wang fans might see it ideal for another, sexier use. Up to you what to do with whichever piece catches your fancy, but you’ll want to hurry and scoop it up now. The full range of items arrives in select Alexander Wang stores, as well as online, tomorrow, and if the bevy of celebrities and It models who call Wang a friend are any indication, it will be selling out, stat.

2段落からなる短い記事ですが、英文明細書で使えそうな表現が見られます。特に2段落目は写真のシャツやバッグの柄や構造の説明をしており、特許翻訳者としては読んでいてとても勉強になります。例えば、“in leopard print”はleopardを入れ替えて「~柄がプリントされた」として使えそうです。“complete with~”は写真から判断すると「~とセットになっている」として使えるかも知れません。あるいは、オフィスアクションへの応答などにおいて、「Aは~があって初めて成立する」「Aは~がないと成立しない」といったニュアンスで使えるかも知れません。たった2段落読んだだけでもこれだけの収穫がありました。ついでに「見たその場で買える」を“See-Now-Buy-Now”と表現することも知りました。

ファッション記事の注意点としては、ファッションがセレブリティと密接に関係しているためにセレブ関連の説明が多く、ゴシップに通じていないとついて行けないことがあることです。あともちろん、そもそもファッションに興味がないと読む気にならないというのもあると思います。私がよく見ている『ファッション通信』(http://www.bs-j.co.jp/fashion/)(https://www.youtube.com/user/fashiontsushinCH)などはファッション情報に慣れるのにいいと思います。私はこの番組を見ることで誰がどのブランドのデザイナーをしているかなど、ファッション記事を理解するための背景が分かるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*