特許翻訳に英検1級もTOEIC900点以上も必要ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳会社をやっていると、
よく翻訳志望の方から相談を受けます。

一番多く受ける相談が、

-特許翻訳をするにはどのくらいの
必要が英語力か?

-英検1級ぐらい必要か?

-TOEIC900点以上ないとダメか?

といった英語力に関するものです。
私はいつも、こういう質問には
次のように答えています。

『中学から高校までの英語を完璧に
マスターするのがいいと思います。

それができたら、
英検1級もTOEIC900点以上も
必要ありません。』

私の知っている翻訳者は、
大体みんな英検1級を持っています。

でも、
英検1級取得者の全員が翻訳がうまい
わけではありません。

中には、
本当に英検1級を持っているのか?
と疑いたくなるような翻訳をする人もいます。

一方で、
英検1級はもとより、
英語系の資格をまったく持っていない人でも、
すごく翻訳がうまい人がいます。

つまり、

英検1級を持っている人の中には、
翻訳が上手い人とそうでない人がいて、

英検1級を持っていない人の中にも、
翻訳が上手い人とそうでない人がいる、

という事実があります。

英検1級を持っている人でも持っていない人でも、
翻訳が上手い人は、
中学から高校までの英語がしっかりしている
というのが私の印象です。

中学英語は基礎、
高校英語は高度な英語
というのでしょうか。

どちらも完璧というくらい
頭に入っていれば、
特許翻訳をするための英語力は
既に持っていると思います。

そして、
仕事という実戦を重ねながら
努力を続ける人は、
さらに英語力を磨き、

結果的に英検1級にも対応し得るか
それ以上の英語力を自ら培っていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*