『現代アメリカ法入門 アメリカ法の考え方』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年初めにワシントンDCを訪問し(http://beikokupat.com/blog/?p=595)、帰国してから阿川尚之著『憲法で読むアメリカ史(全)』(http://beikokupat.com/blog/?p=662)を読んでから、アメリカの法制度について俄然興味が湧いてきました。また、以前から、米国特許翻訳社という社名で活動しているのだからアメリカの特許制度だけでなく法制度全体についてもきちんと勉強して精通しておくのは義務だろうとも思っていました。これまで忙しさにかまけてあまり勉強できていませんでしたが、冒頭の出来事が契機となって、これから少しずつでも研究していこうと決心した次第です。

まず入門書として、『現代アメリカ法入門—アメリカ法の考え方』(丸田隆著)という本を読んでみました。アメリカ法について、個人的に普段新聞やテレビドラマなどで耳にしたことはあるが詳しくは知らなかったことが丁寧に書かれており、「Law & Orderで言っていたことはそういうことだったのか!」というような発見がいくつもありました。例えば次のようなことが詳しく説明されています。

・コモンロー(アメリカ法の基本となっており、12世紀にイングランドで始まった王立裁判所を起源とする、判例を重視する主義)、
・判例主義(Case Law、「アメリカのコモンロー・システムの基礎である」p.69、「先例と、現在直面している事案の法律問題に共通性があるかどうか決定するために、裁判官は審判対象事件について判断を下す際に、法的争点に関する先例の決定を考慮しなければならない。」p.70)
・ロースクールで行われるソクラティック・メソッド(「教員は、事案(case)について批判的な思索を刺激する一連の質問を学生に矢継ぎ早に発して、多様な争点について自分の考えを瞬時に組み立て、同時に返答することを学生に求める」p. 18)、
・法律事務所の運営について(経営に参加できるのはエクイティ・パートナーからで、その上にマネージング・パートナー、シニア・パートナーがいる)、
・サーシオレイライ(州最高裁判所の判断に不服の場合に連邦最高裁判所に再審理を求めること)、
・特許権・著作権に関する訴訟は(州裁判所ではなく)連邦裁判所の管轄であること、
・クラスアクション(集団代表訴訟。これに参加することをopt-in、参加しないことをopt-outという)、
・ディスカバリ制度(民事訴訟で正式な審理に入る前に当事者同士で情報や証拠を開示し合うこと)、
・ミランダ警告(警察が被疑者を逮捕する際に言う「あなたには黙秘する権利があります」などのおなじみの文言)が導入されるに至った経緯。

また、この本には参考文献の紹介が多く、次にどの本を読んで研究を進めるべきかの参考になります。特に、洋書の参考文献が多く紹介されているのは有り難いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*