起業すると本気度と面白さが格段に違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-04-21 1.48.07

昨日の日経新聞に載っていた次の記事を興味深く読みました。

『三井物産が新制度 社内ベンチャー、社員本人が出資』
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15514730Z10C17A4TJC000/

三井物産は従業員本人が出資する社内ベンチャー制度を導入する。社内でアイデアを募集、成長性や事業性を判断した上で本人と三井物産が出資して新会社を立ち上げる。2018年1月にも1社目を設立し、法務や財務面で支援をし、3年で軌道に乗せることをめざす。起業意欲のある従業員を活用しつつ、出資を義務付けて経営能力を持つ人材を育成する。

私がなぜ起業したのかについては過去に何度か書きましたが(例えば、http://beikokupat.com/blog/?p=1)、起業して一番の発見だったのは、勤め人として与えられた仕事をやっていた以前と、起業して自分で作り出した仕事をしている今とでは本気度と面白さが格段に違うということです。不安や問題はいろいろとありますが、それをはるかに上回る面白さが今はあります。私がサラリーマン時代に得た知識や経験は、今の仕事をする上で絶対に欠かせないものなので、サラリーマン時代は私にとってなくてはならない時期だったと言えます。しかし、起業してからの毎日の面白さを知ってしまった今、もう一度サラリーマンに戻れるかと問われると、余程興味をそそられる仕事内容でない限り、答えはNOです。

ある経営者が、会社経営はゲームに似ていると言っていました。サバイバルゲーム、あるいは売上げという数字を獲得するためのゲームに似ていると。起業して5年経った今、この言葉が何となく分かる気がします。スマホゲームにハマる人もいれば、私のように会社経営というゲームにどっぷりとハマる人もいると言えるかも知れません。但し後者の嗜好の場合、雇用を生んだり他人の仕事スキルを上げるといった社会的意義が前者よりもあると思います。

※全くの余談ですが、楽天証券のアカウントを作ると、日経の記事を無料で閲覧することができます。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/investment/nikkei.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*