文系・理工系にかかわらず、特許翻訳者は技術の研究をする必要がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cse

『3D印刷の現在、将来、そして英語』(http://beikokupat.com/blog/?p=743)において、「同格のコンマ」について触れました。特許翻訳で同格のコンマを正しく使えるようになるためには、何よりもまず、原文において同格の関係を見抜くことができるようになる必要があります。同格の関係を見抜けるためには、原文をよく読むことはもちろんですが、技術内容をしっかりと理解することが重要だと思います。ここが、特に文系出身と言われる特許翻訳者が難しいと感じるところかも知れません。しかし、同格の関係をきちんと英文に示すなどの配慮のできる一流の特許翻訳者になるためには、技術の理解は避けて通れないことです。また、いわゆる理工系出身の特許翻訳者であっても、何でも理解できるわけではないので、同じく技術の研究は必要です(自分は理工系出身だから技術の勉強はしなくていいなどと考えている特許翻訳者はいないでしょう)。

特許の機械分野などに制御系(制御システム)というものがよく出てきます。私は学生のとき制御工学を勉強しましたが、私にとって非常に難しく、理解するのに苦労した覚えがあります。講義で教授の話すことが最初から最後までまったく理解できなかったこともありました。制御工学は微分方程式を理解していることが前提となっており、まずこれをマスターするのに非常に苦労しました。何とか単位は取りましたが、不十分な理解のままで終わってしまい、このことがずっと心残りでした。仕事で制御系の理解が必須となっている今、当時の不十分な理解のままではいい仕事ができないので、自分なりに勉強を続けています。例えば、“Control Systems Engineering”(Norman S. Nise著)という英語圏の大学生向けのテキストを読んだり問題を解いたりしています。また、例えばバイオ分野について、私は大学で基礎科目しか勉強しておらず専門外と言えますが、バイオ分野の特許もしっかりと理解したいので、これも自分なりに勉強しています。例えば、“Molecular Biology of the Cell”(通称「ザ・セル」)という有名な本があり、私はこの本が改定される度に買い直しています。このように、文系・理工系にかかわらず、特許翻訳者は技術の研究も常にする必要があるのではないでしょうか。文系出身の方で、「化学式あるいは積分記号を目にした途端、頭の中が真っ白になります」という方は、そのままではいい仕事はできないと思われるため、毎日の生活の中に少しずつでも技術の勉強を取り入れてみてはどうかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*