“such that”はクレーム限定として弱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
royal2

特許翻訳において、“such that”という表現が頻繁に使用されているのを目にします。“such that”は便利な表現で、物事の状態を説明する際、形容詞を使用することが難しい(使用したくない)ときなどに、“such that”を使って、最終的にどのようになるのかという結果を説明することにより、物事の状態を間接的に説明することができます。『表現のための実践ロイヤル英文法』(pp. 247-248)において、“such that”について次のように解説されています。

<such that …>の形で、形容詞なしで使うこともある。

His pronunciation in Japanese was such that it was practically impossible to understand him.
(彼の日本語の発音は、なかなか聞き取れないものだった)

この例の場合、その「発音」が具体的にどんなものだったのかを、形容詞で表現するのではなく、聞き手[読み手]の想像に任せ、結果(「聞き取れない」こと)を述べるだけである。次の例もそうである。

The force of the explosion was such that it was heard throughout the town.
(その爆発は、爆音が町中に聞こえるくらい力のあるものだった)

“such that”はこのように便利な表現ですが、私は極力使用しないようにしています。なぜかというと、上記解説にあるように、“such that”は「聞き手[読み手]の想像に任せ」る部分があり、説明として「ピンとこない」ことが多いからです。また、“such that”の後は節(S+V…)になり、クレームにおいてこのような形はnarrativeだとして嫌われる傾向にあります。このように、“such that”による限定はクレーム限定としては弱く、私が勤めていた米国知財法律事務所では、クレームリバイズの際、“such that”が使われているとこれをより直接的で分かりやすい表現に書き換えていました。複雑な原文に対してすぐに“such that”(あるいはsuch~that)に逃げるのではなく、“such that”を使わないと決めて、より明快な表現を求めて果敢に挑戦する方が特許翻訳者としてのスキルが上がるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*