ダメ翻訳の烙印、35 U.S.C.§112(b)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が米国特許事務所で
働いていたとき、
担当していた業務は、
次の2点でした。

1.日本の基礎出願明細書の英語翻訳文を米国出願用の英文明細書に書き換えること。
2.米国特許商標庁(USPTO)に提出された英文明細書を読んだ審査官から送られてくる拒絶理由通知書(オフィスアクション)への応答書を書くこと。

1はリバイズと呼び、
http://beikokupat.com/blog/?p=86
で述べた通りですが、

実にたくさんのダメ翻訳を目にし、
それを米国式に、かつ読みやすく
修正する経験を積みました。

2のオフィスアクション対応は、
新規性、進歩性、記載不備など
の拒絶理由に対して、

クライアントからの指示をもとに
応答書を英語で書くという、
これまた貴重な経験をすることが
できました。

オフィスアクションには
いろいろな拒絶理由が記載されていますが、

翻訳者にとって一番関係が深いのが
米国特許法第112条(b)(http://goo.gl/c56Dx0)に
基づく拒絶です。

この拒絶は簡単に言うと、審査官が
『この翻訳は意味不明なので書き直してください』
と言っている拒絶です。

つまりこの拒絶は、
審査官からダメ翻訳の烙印を
押されたようなものです。

意味が分からない文章をもとに
新規性や進歩性を適正に判断できるのか
疑問が湧いてきます。

したがって、
112条(b)拒絶は重大な問題で、
担当した翻訳者は責任を感じるべき
だと思います。

そして、
この拒絶が非常に多かったのを
強烈に覚えています。

この拒絶に対応するにあたり、
よく日本語の原文を読みました。

すると、
原文自体が分かりにくかったり
意味が曖昧であることが多いのに
気づきました。

翻訳者は、
分からないことを分からないまま、
曖昧なところを曖昧なままにして
翻訳したのでしょう。

分かりにくい原文を
分かりやすい英語で表現する
能力が不足していたのかも知れません。

そして、
その後始末をするのが
当時の私の仕事でした。

審査官が理解できる翻訳とは
どういうものかを身をもって体験でき、
今の仕事にはなくてはならない経験でした。

ただ、
112条(b)拒絶の問題、
つまり多くの翻訳が下手だという
現実を痛感した経験でもありました。

これがきっかけになって、
いい翻訳を提供したいと思い始め、
独立へと繋がっていきました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*