米国特許業界におけるAI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RoboReview

昨年、GoogleがAI技術を利用したニューラル機械翻訳(GNMT)を導入し、翻訳業界に影響を与えつつあるようですが、米国特許業界にも、AIの波が押し寄せているようです。

http://www.abajournal.com/news/article/patent_document_robot_legal_review

この記事で紹介されているように、RoboReviewという製品は、これから米国出願しようとしてるクレームを過去に出願されたクレームと比較して、特許性があるかどうか予測してくれるというものです。また、SmartShellという製品は、オフィスアクションに対する反論について、過去に行われた同様の反論がどのような結果になったかを表す統計を示してくれるそうです。もちろん、どちらの製品も、書類フォーマットを自動的に作成する機能が搭載されており、米国の法律事務所の多くで使用されているProLawをもっと進化させた製品と言えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*