「その旨」とはどの旨か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3ng

私の会社には、現地代理人に宛てたレターやEメールの文章を英訳して欲しいという依頼がよくきますが、和文に「・・・その旨ご連絡ください」といった表現がたまに出てきます。英訳する際は、「その旨」がどの旨かをはっきりと書くようにしています。ただし、「その旨」の内容が次の例のように長くなってしまうことがあり(だから短くて便利な「その旨」を使っている)、このような場合は、和文全体を再構築して「その旨」を使わなくてもすむような文章構成にした方がいいかも知れません。

なお、米国特許商標庁のオフィス・アクション(包袋情報)がPatent Application Information Retrieval (http://portal.uspto.gov/external/portal/pair)から入手可能である場合には、オフィス・アクションの写しの別途添付は不要ですので、その旨を記載してください。
http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/pdf/highway_pilot_program/01.pdf

「はっきりと書く」に関連する面白い記事を見つけました。

「イラっとさせられる文章」に共通する3大NG
http://toyokeizai.net/articles/-/187658

曖昧なことを具体的に書くことで「全員が同じ解釈」できる文章にするという考えが記事全体を貫いており、これは英文ライティングにも応用できる考えだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*