特許翻訳での早い、安いというサービス

私の会社は、
特許分野の日英翻訳、
つまり日本語から英語への翻訳を
専門にしています。

日英翻訳を仕事にして
お金をもらっている以上、

英語ライティング力を
常に磨くことが
必要だと考えています。

ここで、
「必要だと考えています」
と書いたのは、

特に特許翻訳では、
日英翻訳で食べていくにあたって、
英語ライティング力を
常に磨く必要はない
という考え方もあるからです。

世の中には
いろいろなお客さんがいます。

品質の良いものを求める人がいる一方、
スピードと安さを重視する人もいます。

『全部で100ページある特許明細書を
3日で訳して欲しい。しかも安く。
その代わり、高い品質は求めない。』

このような依頼は、
うちの会社としては受けたくない
ものですが、
現に需要として存在します。

こんな需要にきちんと応えるのも、
1つの特許翻訳の商売の形かも知れません。

企業の大切な特許を守るために
非常に重要な役割を果たすのが
翻訳ですが、

他の商売と同様、
安さとスピードというサービスが
入り込む余地がないとは言えません。

この場合、
強い特許になるか、
世界に通用する英語か、
といった尺度は無視される
かもしれませんが。

ただ、
私の会社ではこのような方針は
採用していません。

お客さんが
海外で強い特許を取りたいと
考えたときに、

翻訳会社としてまずうちの会社が
思い浮かぶような、
そんな会社になるように、
英語ライティング力を磨く努力は
欠かしません。

但し、
安さとスピードという、
商売の基本とも言える方針も
考慮に入れて、

良いものを、
早く、
安く

提供できるよう
英語ライティング力と
同じぐらい努力する必要がある
と考えています。

「Schiphol」「Moet Et Chandon」の発音

オランダ・アムステルダムにある
スキポール空港に来ています。

パリからKLM航空を利用して帰国途中で、
KLM航空のハブ空港であるスキポール空港に
トランジットで滞在しています。

経路の案内が分かりやすく、
清潔で快適な空港という印象です。

それにしても、
「スキポール」はなかなかインパクトのある名前です。

Schipholと書きますが、
英語ではどう発音するのか知らなかったので、
調べてみたところ、

「スキポーゥ」と発音し、
「キ」にアクセントがあるようです。

下記で確認することができます。

このEmma SayingというYoutubeチャンネルは、
今さっき偶然見つけたんですが、
発音しにくい単語の実際の発音を
聞くことができる便利なチャンネルです。

スキポールの他にも、
シャンパンの「Moet Et Chandon」は
英語でこんなふうに発音します。

その他、NBA選手の名前も聞くことができます。

案外、うまく発音できないことが多い世界の国名も。

体の部位も聞けます。

コンピュータ関連語も。

トランジット待ちの時間に見るのに丁度いい、
なかなか便利なチャンネルを見つけました。

最後に、スキポール空港は、無料Wifiは速度が遅いのが難点です。

人力翻訳の生きる道は「血の通った」翻訳

私はよく社員から、
社長から求められている基準が高い
と言われます。

例えば、
私が社員の翻訳をかなり厳しく
チェックしているからです。

他の翻訳会社では通用する
かもしれないような翻訳でも、
少しでも曖昧なところや
分かりにくいところがあれば、

書き直しをしてもらったり、
私が修正して、
なぜ書き直しが必要なのか、
修正したのかを説明しています。

なぜかというと、
経営者として人を預かった以上、
社員には、ずっと通用するスキルを
身につけてもらうのが
私の義務だと考えているからです。

最近では、
機械翻訳の性能がかなり良くなっている
と聞きます。

これからは、
翻訳は機械がやるもの、
という考えが一般的になり、

人間が翻訳をするのは、
特別な理由があるとき、
という時代になるかもしれません。

「特別な理由」とは何でしょうか?

1つ考えられるのは、
人間が翻訳した方が、
原文の背景や文脈を十分に汲み取った、
「血の通った」翻訳になることが多い
ことだと思います。

こんな翻訳を好む人が、
人による翻訳を希望して依頼する
ことになるかもしれません。

社員には
「血の通った」翻訳ができるように
なってもらいたいです。

これが、
人力翻訳の生き残っていける道
だと今は考えています。

特許翻訳に英検1級もTOEIC900点以上も必要ない

翻訳会社をやっていると、
よく翻訳志望の方から相談を受けます。

一番多く受ける相談が、

-特許翻訳をするにはどのくらいの
必要が英語力か?

-英検1級ぐらい必要か?

-TOEIC900点以上ないとダメか?

といった英語力に関するものです。
私はいつも、こういう質問には
次のように答えています。

『中学から高校までの英語を完璧に
マスターするのがいいと思います。

それができたら、
英検1級もTOEIC900点以上も
必要ありません。』

私の知っている翻訳者は、
大体みんな英検1級を持っています。

でも、
英検1級取得者の全員が翻訳がうまい
わけではありません。

中には、
本当に英検1級を持っているのか?
と疑いたくなるような翻訳をする人もいます。

一方で、
英検1級はもとより、
英語系の資格をまったく持っていない人でも、
すごく翻訳がうまい人がいます。

つまり、

英検1級を持っている人の中には、
翻訳が上手い人とそうでない人がいて、

英検1級を持っていない人の中にも、
翻訳が上手い人とそうでない人がいる、

という事実があります。

英検1級を持っている人でも持っていない人でも、
翻訳が上手い人は、
中学から高校までの英語がしっかりしている
というのが私の印象です。

中学英語は基礎、
高校英語は高度な英語
というのでしょうか。

どちらも完璧というくらい
頭に入っていれば、
特許翻訳をするための英語力は
既に持っていると思います。

そして、
仕事という実戦を重ねながら
努力を続ける人は、
さらに英語力を磨き、

結果的に英検1級にも対応し得るか
それ以上の英語力を自ら培っていきます。

知的英語

私は、かつて米国特許事務所で働き、
今は翻訳という語学力を必要とする仕事をしていますが、
英語を流暢に話せるわけではありません。

でも、英語を流暢に話したいと思っていて、
常に練習しています。

英語を流暢に話したいと特に思うのは、
ネイティブ・スピーカーと英語で話した後です。

翻訳はパソコンと書類が相手なので、
仕事自体で英語を話すことはありませんが、
たまにネイティブの翻訳者や海外のお客さんと
英語で話す機会があります。

ネイティブと話した後、必ずといっていいほど
次のように後悔して自分の英会話力を嘆きます。

・言いたいことが言えなかった、
・不適切な表現を使ってしまった
(例:聞き返そうと思って思わず「Excuse me?」(何ですって?)と言ってしまった)、
・場が沈黙しそうになったときに自分から話題をふれなかった。

こういう経験をする度に、
ある程度の英語を話せるのが国際的な礼儀だと痛感します。

また、特に特許業界にいると、
英語で話す相手は知的レベルの高い人が多いため、
いわゆる「知的英語」の必要性も感じています。

知的英語は、英会話力+知識というのでしょうか。
個人的にすごく興味があり、
是非身につけたいと思っています。

英会話力+知識をどうやって身に付けることができるのか?

悩むところで、私も手探りでやっています。

英会話力アップのために今やっているのは、
『留学しないで「英語の頭」をつくる方法』
http://tinyurl.com/ltynh5q
という本で紹介されている練習方法です。

知識に関しては、アメリカの映画やドラマを
何回も何回も見て愉しみながら身に付けるようにしています。

今気に入っているのは、
『House of Cards』
http://www.imagica-bs.com/yabou/house_of_cards/
というケヴィン・スペイシー主演の政治ドラマです。

このDVDを買って(http://tinyurl.com/oys5anv)、
スクリプトを無料で手に入れて
http://www.springfieldspringfield.co.uk/episode_scripts.php?tv-show=house-of-cards-2013
愉しみながらアメリカの政治を学んでいます。

いい仲間の集め方

私が会社を設立したときにまずやったことは、
会社の指針作りでした。

私がモットーにしている
「読みやすく分かりやすい翻訳」
の具体的な内容をCで始まる7つのキーワードに落とし込み、

『高品質「7つのC」』としてホームページに公開しました。
http://goo.gl/psCJTC

こうすることによって、
対外的に自分の会社を明確にアピールできるように
なった上、

「ああ、こうやっていけばいいんだ!」
とこれから進んでいくべき道を再確認することができました。

さらにもう一つ、予想外の嬉しいことが起きました。

それは、
志を同じくする仲間ができたことです。

現在当社にいる社員は全員、
ホームページで「7つのC」を見て賛同し、
自分もそれがやりたいと売り込んできてくれた人たちばかりです。

こういうヤル気のある人たちは、
入社前に当社のやり方を把握しているため、
入社の時点で既に当社との意思統一ができていると言えます。

もちろん、細かい部分での指導・擦り合わせは必要ですが、
それも「いい翻訳」のためという大義名分があるため、
新しいことへの理解は早い印象を持っています。

当初は、会社のポリシーを公開することに不安もありました。

ノウハウをすべて公開してしまっていいのだろうか?
他社に真似されないだろうか?
コカコーラのレシピのように、一子相伝的に極秘にすべきではないのか?

こんな不安はありましたが、
今ではノウハウをどんどん公開すべきだと思っています。

真似される可能性もありますが、
いい仲間・賛同者との出会いという
はるかに大きな収穫があるからです。

訴訟に強い米国特許の取り方のノウハウ

「訴訟に強い米国特許の取り方のノウハウ」
というセミナーに参加してきました。

米国特許弁護士である山口洋一郎さんが
毎年行っておられるセミナーで、
ほぼ毎年参加しています。

米国特許実務の最新情報が聞ける
貴重な機会です。

10:00~17:00という長丁場ですが、
1年に1回、1日かけて米国特許を
勉強する日にしています。

  • 今回のテーマは、下記の通りでした。
  • AIA(America Invents Act2014)改正後の制度運用の最新状況、
  • パテント・トロール対策の最新動向、
  • 訴訟に強い米国特許権の取り方

今回も、内容が濃く多少消化不良な
ところもありましたが、
大満足なセミナーでした。
パテント・トロールの問題が
広く一般化していることを再認識しました。

大阪の中小企業の社長さんと思われる人が、
自社所有の米国特許をトロール会社に売却
しようと思うがどうか、という面白い?質問を
されていたのも興味深かったです。

山口弁護士が毎回言っておられることで、
印象深い言葉があります。
翻訳が悪くて理解しにくいものは、
審査官は無視するため、
いくら書面やインタビューで説明しても無駄だと。

これを今回も言っておられました。
これを聞く度、
翻訳会社としてもっと精進していこうと
決意を新たにしています。

いい特許翻訳とは?

私が特許翻訳の会社を立ち上げた理由の一つが、

いい特許翻訳を追求できる環境を作って、
賛同してくれるお客さんや翻訳仲間とともに
質の高い仕事をしていきたい

と思ったことです。

ここで、「いい翻訳」とは何でしょうか?
私は、「いい翻訳」を次のように定義しています。

・読みやすく、
・分かりやすい。

これだけです(笑)

もちろん、特許翻訳では、
これ以外にも特許の側面から
いろいろなことを考慮しなければならない
と思いますが、

特許翻訳であっても、
何よりもまず読みやすく分かりやすい翻訳をすることが
いい特許翻訳、そしていい特許へと繋がると思っています。

独立して会社を設立するにあたり、
この「読みやすく分かりやすい」をモットーにして、
これを対外的にアピールしていこうと考えました。

でも、ただ
「うちの翻訳は読みやすくて分かりやすいです!」
と宣伝しても、

元も子もないというか、
そんなの当たり前だろうと思われそうだったので、
どうやったら読みやすくて分かりやすい翻訳にすることができるか?
その方法を具体例に明文化しようと思い立ちました。

自分が普段、
読みやすくて分かりやすい翻訳をするために
どんなことを心がけているのか?

それを紙に書き出そうとしましたが、
言うは易しで、普段無意識にやっていることも多く、
具体的な言葉で表現するのはかなり大変な作業でした。

でも何とか考えを箇条書きにして、
さらにそれらをキーワードにしてまとめたら
面白いかも知れない、と思い、
箇条書きにしたものを「C」で始まる7つのキーワードに
落とし込みました。

  • Closest to the meaning intended by the original 「原文の意図を翻訳する」
  • Correct 「正確に」
  • Clear 「明確に」
  • Concise 「簡潔に」
  • Compliant 「法的要件を満たす」
  • Consistent 「矛盾なく」
  • Comment a lot 「コメント重視」

詳細は、ホームページの『高品質「7つのC」』
http://goo.gl/psCJTC
にある通りですが、

名著『The Elements of Style』
http://goo.gl/HsohRh
で掲げられている7つのC、
Clear、Correct、Concise
にかなり強い影響を受けています(笑)

こうやって翻訳ポリシーを明文化することによって、
自分の会社がどんな会社かを分かりやすく、詳しく、明確に伝えることが
できるようになったのはもちろん、

自分自身にとっても、
心がけるべきことを明確にすることができました。

また、「7つのC」を英語にすると「7 C’s」。
Seven Seas と同じ発音になるのも気に入っています。

いい特許翻訳がしたい!

私は、2012年に今の翻訳会社を立ち上げました。

立ち上げた理由は、

いい翻訳を追求できる環境を作って、
賛同してくれるお客さんや翻訳仲間とともに
質の高い仕事をしていきたいと思ったのと、

以前から、いつか社長になって会社を運営したいと
思っていたからです。

それまでは、
国内特許事務所→米国特許事務所→翻訳会社
に勤務して、約12年間サラリーマンを経験しました。

特許業界にいると、
いい翻訳と悪い翻訳、そしてネイティブの書く英文
を目にする機会がたくさんあります。

これを通して、
どうすればいい翻訳にすることができるのか
がだんだん分かってきました。

そして、こうやって得たノウハウを活かして、
「いい翻訳を提供する」という事業を
自分で始めたくなったんです。

独立しなくても、今いる会社でやればよかったじゃないか、
と思う人もいるかも知れません。

実際、そう言って忠告してくれた知人もいました。

もう既に特許の翻訳をやっている会社はたくさんあるのに、
なぜもう一つ作る必要があるのか?と。

でも、私は昔から独立心が強く、
自分で会社を作って運営したいという思いを
サラリーマン時代もずっと抱えていました。

これが、「いい翻訳をやりたいし、できる!」
という欲求・自信と結びついて、

独立したくてたまらなくなり、
遂に2012年3月にいまの会社を作りました。

それから約2年半経ちましたが、
会社を設立して本当によかったと実感しています。

設立当初の思い通り、
いい翻訳を追求・勉強できる環境ができ、
自分を成長させてくれる素晴らしいクライアントにも出会え、
志を同じくする仲間も集まってきているからです。

雇われのサラリーマンではこれを実現するのはなかなか
難しかったんじゃないかと思っています。

そして、
新参の翻訳会社に仕事を依頼してくれる
クライアントの勇気と柔軟性に
感謝と尊敬の念を抱かずにはいられません。

これからも、クライアントのために一生懸命考え、
より良い翻訳を提供していたいと思っています。