中山裕木子著『英語論文ライティング教本』

㈱ユー・イングリッシュの中山裕木子さんが、新著『英語論文ライティング教本 ―正確・明確・簡潔に書く技法―』を送ってきてくださいました。売れっ子翻訳者であり、売れっ子セミナー講師であり、翻訳会社の経営者である中山さんは、多忙ななかいつも素晴らしい本を出されていますが、今回の本も、実用的で素晴らしい内容になっています。英語で論文を書く際の、3C(correct, clear, concise)の実例が細かく、分かりやすく書かれており、論文用の教本ではありますが、特許翻訳において3Cを心がけている当社にとっては、この本から教えられることがたくさんありました。解説の進め方は、良くない英文例を段階を踏んで良い英文にリライトしていくというものです。各段階での分かりやすい解説を経て、最終的に良い英文例に導かれていくという流れにより、本当に中山さんに教えてもらっている気分になります。当社にとってまたいい教本が増えました。中山さんに感謝です。

学生と語る

先日、私の出身大学の院生から、知財業界に興味があり、是非話を聞かせて欲しいので会いに行っていいかという内容のメールが届きました。突然のことで驚きましたが、学生に少しでも役に立つ話ができればと思い、お会いすることにしました。また、面識のない人間にいきなり連絡をして会いに来るという行動力にも感心しました。実際に会って話してみると、将来の明確なビジョンをもった非常にしっかりとした学生さんだということが分かりました。4月からメーカーに技術者として勤務することが決まっており、将来は知財に携わりたいとのことで、既に弁理士試験の勉強を始めていました。また、お互いの学部が同じということが分かって話が盛り上がり、居酒屋に場所を変えて3時間ぐらい語り合いました。私はメーカーに勤めたこともなければ弁理士資格ももっていないので、大したアドバイスをすることはできませんでしたが、別れ際に「就職前にお話しを聞けてよかったです」と話していたので、少しは役に立てたかなと思います。知財業界は狭い世界なので、またいつか会う日が来ると思います。そのときが楽しみです。

海外在住の翻訳者について

当社には、時々、海外在住の方が外注翻訳者として応募してきてくださいます。当社は海外在住の翻訳者との取引実績は少なく、現在のところ、海外在住の翻訳協力者は1人しかいません。特に海外在住の方に厳しい条件を設けている訳ではないですが、当社では大部分の翻訳を社内で行っている上、国内に既に信頼できる外注翻訳者がいるため、海外在住の方に翻訳を依頼するのは、ごくたまに上記1人の方に依頼する機会があるというのが現状です。

一般的に、海外在住の翻訳者は、時差の問題ですぐに連絡が取りづらい、あるいは必要なときに直接会うことが難しいなどの問題があると思います。遠くに住んでいて「顔が見えづらい」翻訳者に、大切な翻訳案件を一任することへの不安というものもあるかも知れません。当社の場合、海外在住の方に翻訳を依頼するのは、こういったことが問題にならない場合や、その人に依頼することのメリットがこういった問題を上回る場合になると思います。例えば、現在当社がお世話になっている上記の翻訳協力者は、常に連絡がつきやすいように工夫してくれているため、国内の翻訳者とやり取りするのと変わりません。また、翻訳が非常に上手い上に、米国をはじめとした各国の特許制度の動向を常にアップデートする努力をしており、翻訳以上のものを提案してくれるというアドバンテージがあります。仮に私が海外でフリーランス翻訳者として活動するとしたら、この人のようにサービス精神旺盛なスタイルになると思います。

MPEPの法規範性、ファイナル

連載『米国特許法解説』を更新しました。

第6回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その3)~

第6回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その3)~

前々回と前回に続いて、今回もMPEPの法規範性について解説されています。いくつかの翻訳会社で講演を予定されている小野康英先生(Westerman Hattori Daniels & Adrian, LLP)が、来日準備などでお忙しいなか執筆して下さいました。MPEPの法規範性についてこれだけ詳しく書かれている日本語の記事はないと思います。特許翻訳者にとっては、仕事に直結するような内容ではないかも知れませんが(例えば『四則演算に関する特許英語表現』のような即効性のある記事とは違うかも知れませんが)、米国特許制度を理解する上で必要な知識として、当社では何度も読み返すことを業務の一環としています。

工場見学は面白い

お客様の会社に年度末の挨拶に行った際、工場を見学させていただきました。それまで図面やYouTubeなどでしか見たことがなかった製品を実際に見ることができて、今後の翻訳に役立つに違いない貴重な体験をすることができました。また、以前お客様に技術内容に関して口頭で説明してもらったとき、いまいちピンとこなかったことがあったのですが、工場で実物を見た途端、説明の意味がはっきりと分かりました。まさに百聞は一見に如かずです。

今回見せてもらった工場は、工場全体の進行状態を画面一つで確認することができる、スマートファクトリーになっていました。また、もちろんオートメーション化がかなり進んでいて人がまばらな上、工場全体がとてもクリーンで、製品の展示ルームと見間違えるような空間でした。「工場」というと雑然としたイメージをもっていましたが、現在の工場はまさにスマートなファクトリーになっていることが分かりました。

普段パソコンの前にへばりついている翻訳者にとって、たまには翻訳対象となっている実物を工場で見たり、現場の空気を感じたりすることは非常に仕事にプラスになると思いました。また、工場の中を見て回るのは単純に面白かったです。今回、一介の翻訳会社に対してこのような機会を与えてくれ、長時間工場を案内していただいたお客様に感謝です。

博多出張

お世話になっているメーカーの知財部の方にお会いするために、博多に行ってきました。この方は、マイナーな大学出身の私にとって、社会に出てから知り合った数少ない同じ大学のOBで、それが縁で仲良くしていただいています。博多ならではの美味しい魚料理をいただきながら、メーカーの側から見た知財の話を聞くことができました。こういった話は、普段翻訳をしているだけでは知ることができないため、とても有意義な時間を過ごすことができました。

それにしても、博多に行く度に思うことは、福岡空港と博多中心部の距離が驚くほど近く、飛行機を利用する人にとっては非常に便利だということです。福岡空港から地下鉄を利用すると、JR博多駅まで15分程度で行くことができます。羽田空港や大阪伊丹空港の場合、電車やバスで30分程度かかり、成田空港や関西国際空港になると1時間程度かかるので、15分というのは驚くべき時間の短さです。これは、福岡へは新幹線ではなく飛行機を利用する動機になり、私はいつも飛行機を利用しています。食べ物は美味しい、いい話は聞ける、空港が近く時間を有効利用できる。最高の博多出張でした。

1件1件の翻訳にじっくりと取り組む

先日、新規のお客様から翻訳のご依頼をいただきました。このお客様は、それまで複数の翻訳会社に翻訳を依頼していたものの、いずれの会社の翻訳にも満足できず、今回当社を試してみようということになったそうです。それまで依頼していた翻訳会社は、どこも高品質を「ウリ」にしていたものの、実際に納品されてくる翻訳は、高品質とは程遠いものだったということです。上手とはいえない翻訳者が下訳を担当し、それがほとんどチェックされることなく下訳レベルのまま納品されてくるという、営業担当者が熱く語っていた高品質とは正反対の「右から左」の翻訳が量産されてきたのだとか。

このように、チェック体制がほとんど機能していない現状では、下訳担当者の力量が非常に重要になってくると言えると思います。上記の下訳担当者は、一生懸命取り組んだに違いありませんが、力量のない翻訳者がいくら一生懸命取り組んだとしても、ダメなものはダメだという厳しい現実があります。私も、残念な翻訳を前に「私なりに精一杯やりました」と話す翻訳者を過去に何人も見てきました。

今回のように、当社を頼って声をかけていただけるのは非常に嬉しいことです。こういった引き合いがある度に、他の人から必要とされることの有り難みを感じます。このご縁を大切にするとともに、お客様が翻訳会社に対してこれ以上不信感を抱かないためにも、依頼された翻訳に「一生懸命」取り組んでいます。いい翻訳を生み出すための基本は、やはり時間をかけてじっくりと取り組むことだと思います。そうすることで、原文作成者の意図を汲み取った翻訳にできることが多く、これは依頼主にとって非常に嬉しいことです。このような基本姿勢で1件1件の翻訳に体当たりで臨むということを忘れてはいけないと思っています。

「等」を英訳する際の1アイデア

特許明細書では、「等」という表現が頻出します。そして、「等」をどのように英訳するかについての私の考え方を、30日間無料メール講座『米国出願用特許翻訳・重要ポイント解説』の第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。今回は、この解説の補足をしたいと思います。

例えば、「A、B、C等」という日本語の表現があるとします。これを英訳する方法の1つとして、“such as”を使って“such as A, B, and C”とする方法があり、私も含め、特許翻訳者のあいだで非常によく使われています。しかし、特許明細書では、「等」の後に長めの説明が入ることがよくあり、「等」とあわせてうまく英訳するのが難しいときがあります。例えば、「A、B、C等の扱いが難しいもの」では、「等」の後に「の扱いが難しいもの」という説明が入っています。これを“such as”を使って英訳すると、例えば次のようになるかと思います。

something difficult to handle, such as A, B, and C

これはシンプルな例ですが、実際には「等」の後の説明がもっと長く、その説明の英訳も長くなり、“difficult to handle”という3語ではすまないことが多いです。この場合、“such as A, B, and C”が一体何の例なのかが分かりづらくなることがあります。これに対して、次のようにしてはどうかという意見が出てくると思います。

something, such as A, B, and C, difficult to handle

私は、この文章は不自然だと思います。というのは、“such as A, B, and C”は“something difficult to handle”の例になっているため、上の文章だと、“A, B, and C”がどのような性質のものなのかが“difficult to handle”を読むまで分からないような文構造になっているからです。

このような悩ましい場合、私は次のようにしています。

A, B, C, and other things difficult to handle

このようにすると、“such as”や忌まわしき“and the like”“or the like”を使わずにすみ、すっきりとした表現になります。

なお、“and other things”の“and”は、文脈や技術内容によって“or”あるいは“and/or”にしなければならない場合があります。また、“things”についても、より適切な表現を探す努力をしなければいけません。これらについても、第14回「and the like は誤訳になることがある」で解説しています。

また、一番目の英文“something difficult to handle, such as A, B, and C”は次のようにすることで「短文」化することができます。

something difficult to handle. Examples include A, B, and C.

30日間無料メール講座

ミーンズ・プラス・ファンクションクレームの歴史を概観する

連載『米国特許法解説』を更新しました。

第5回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その2)~

第5回:米国特許法の基本~MPEPの法規範性(その2)~

小野康英先生が、第4回に続いてMPEPの法規範性について解説して下さっています。解説を通して、ミーンズ・プラス・ファンクションクレームの歴史を概観できるようになっています。また、Federal Circuitの「en banc」についても分かりやすく解説されています。通常、3人の判事から構成されるパネルによって審理が行われるFederal Circuitにおいて、どのような場合に所属判事全員が参加するen bancによって審理が行われるかについて詳しく知ることができます。私も含めた米国特許法の学習者にとってまた一つ貴重な資料が増えました。

労務管理を勉強する

チームで仕事をしていく』で書いたように、私は自分で経験したことや勉強したことを仲間とシェアして共に成長していきたいと常々思っています。そして、仲間とチームで仕事をしていくにあたり、職場をブラックな環境にすることのないように気をつけています。その一環として、労務管理の勉強を自分なりにしています。労務関連の本を読んだり、労働基準法を読み直したり、何年も前に作った就業規則を定期的にアップデートしたりしています。

労務管理の勉強をして思うことは、現在は労働者が手厚く保護されるように法整備がされているということです。会社でまかり通っている慣習が、実は労働者の権利を侵害していることがあるので気をつけなければならないと本当に思います。私の周りには、幸いなことに、自分の仕事が本当に好きな人が集まってくれています。しかし、仲間が仕事が好きだということに甘えて、過酷な労働環境を強いるようでは、チームとして長続きしないことは目に見えています。

私が愛読している『ビジョナリー・カンパニー』で紹介されている数々のビジョナリーな会社のなかには、ビジョナリーが過ぎてブラックな一面をもってしまっている会社があります(例えば、某世界的テーマパーク)。この本を読んでいると、ビジョナリー・カンパニーとブラック企業は紙一重だなと感じることがあると同時に、仕事が好きすぎるとこうなってしまうのも分かる気がする、と共感している自分がいました。あまりに『ビジョナリー・カンパニー』を盲信して仲間に迷惑をかけないように気をつけねばと思っています。今後、労務管理をもっともっと勉強して、職場環境の充実を図っていきます。

チームで仕事をしていく

愛読書『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』