相対的表現(程度を表す表現、主観的表現など)1~essentially free of~


“Supplementary Examination Guidelines for Determining Compliance with 35 U.S.C. §112 and for Treatment of Related Issues in Patent Applications” (Feb. 9, 2011)

In re Marosi (Fed. Cir. 1983)

代表的なクレーム:

18. A process for the manufacture of a nitrogen­containing crystalline metal silicate having a zeolite structure which comprises:
adding a metal oxide, metal hydroxide, metal sulfate, metal nitrate or hydrated metal oxide and a silicon dioxide source that is essentially free of alkali metal to a 5 to 90% strength aqueous solution of hexamethylenediamine to form a mixture that is essentially free of alkali metal;
stirring the mixture to form a homogeneous gel; and thereafter heating the gel to form the crystalline metal silicate; wherein said metal is selected from the group consisting of aluminum, boron, arsenic, antimony, vanadium, iron and chromium, and
whereby said crystalline metal silicate is essentially free of alkali metal.

背景の説明:
クレームされている発明は、アルカリ金属を含有しないゼオライトを反応混合物中で合成する方法に関するものである。当事者全員が「先行技術のゼオライト合成方法はすべてアルカリ金属化合物を必須の材料としている」と認めると同時に「クレームされている合成で使用される試薬には、微量ではあるが測定可能な量の(本来は望ましくない)アルカリ金属が含まれている」ことも認めている。

分析:
裁判所は、”essentially free of alkali metal”について35 U.S.C. §112¶2に基いて不明確ではないと判断した。裁判所は、「当業者がどの方法においてsilicon dioxide sourceが”essentially free of alkali metal”であり、反応混合物が”essentially free of alkali metal”であり、ゼオライト化合物が”essentially free of alkali metal”であるかを見分けるにあたり、一般的なガイドラインと例が十分に開示されている」「当業者は、開始材料に含まれる不可避の不純物と必須材料との線引きができるであろう」と判断した。

MPEP 2173.05(b) “RELATIVE TERMINOLOGY”参照


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP