相対的表現(程度を表す表現、主観的表現など)2~substantially equal to~


“Supplementary Examination Guidelines for Determining Compliance with 35 U.S.C. §112 and for Treatment of Related Issues in Patent Applications” (Feb. 9, 2011)

Seattle Box Co., Inc. v. Indus. Crating & Packing (Fed. Cir. 1984)

代表的なクレーム:

1. A shipping bundle formed of a plurality of lengths of pipe of a common size, comprising:
a base formed of a first plurality of transverse sleepers located in spaced-apart parallel arrangement;
a tier of pipe lengths resting on said base, adjacent pipe lengths of said tier being separated by blocks in transverse series, each block having opposed concavities substantially embracing the curved sides of said adjacent pipe lengths;
each of said series of blocks being located to stand on one of said sleepers and being of a height substantially equal to or greater than the thickness of the tier of pipe lengths;
a second plurality of sleepers, each traversing said pipe tier in overlying alignment with a sleeper of said first plurality, the sleepers of said second plurality being supported on the series of separating blocks; and
a bundling strap tightly encircling each sleeper of said first plurality, the separating blocks resting thereon, and the respective overlying sleeper.

背景の説明:
クレームの発明はオイルパイプのパッケージングに関し、一列に並べられた複数のパイプ(20)が“sleeper”と呼ばれる複数の木製の梁(12)を貫通するように配置されている。また、木製のブロック(60、図4参照)が隣り合うパイプ(20)の間にスペーサとして設けられ、これによりパイプ(20)同士が離間されている。上部のパイプ(20)がその重みにより下部のパイプ(20)を潰すことを防止するために、ブロック(60)の高さを少なくともパイプ(20)の直径と同一としている。これにより、上部からの負荷のほとんどをブロック(60)によって吸収することができる。

United States Patent 4099617
“Shipping bundle for numerous pipe lengths”
http://www.freepatentsonline.com/4099617.html
usp4099617

分析:
裁判所は、クレームに記載の“substantially equal to”について35 U.S.C. §112¶2に基いて不明確ではないと判断し、次のように述べた。

「クレームに程度を表す表現が使われていると、明確性(definiteness)の問題が起こりやすい。しかし、クレームで使われている表現が正確ではないからといって、自動的にクレームが無効になるわけではない。クレームに程度を表す表現が使われている場合、地裁は程度の基準となるものが明細書に記載されているかどうか判断しなければならない。」

本件では、例えばブロック(60)が上部の重みを吸収することが明細書に明確に記載されていたため、裁判所は専門家が限度を判断できるであろうと判断した。

MPEP 2173.05(b) “RELATIVE TERMINOLOGY”参照


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP