相対的表現(程度を表す表現、主観的表現など)5 ~glycosylation which differs~


“Supplementary Examination Guidelines for Determining Compliance with 35 U.S.C. §112 and for Treatment of Related Issues in Patent Applications” (Feb. 9, 2011)

Amgen, Inc. v. Hoechst Marion Roussel, Inc. (Fed. Cir. 2003)

代表的なクレーム:
1. A nonnaturally occurring erythropoietin glycoprotein product having the in vivo biological activity of causing bone marrow cells to increase production of reticulocytes and red blood cells and having glycosylation which differs from that of human urinary erythropoietin.

United States Patent 5547933 (http://www.freepatentsonline.com/5547933.html)

分析:
争点となったのは、“glycosylation which differs from that of human urinary erythropoietin”という限定がヒト尿エリスロポエチン(uEPO)のグリコシル化と異なること自体によって、この限定が不明確になるかどうかであった。裁判所は、「クレームされている糖タンパク質(glycoprotein)がuEPOのグリコシル化とは異なるグリコシル化を行うかどうか判断する前に、まずuEPOのグリコシル化について正確に知る必要がある」と述べた。明細書には、当業者が適切な比較を行うための基準が記載されていなかったため、裁判所は“glycosylation which differs”を必須とする当該特許のクレームを35 U.S.C. §112¶2に基いて不明確とし、無効判断を下した。
MPEP 2173.05(b) “RELATIVE TERMINOLOGY”参照


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP