相対的表現(程度を表す表現、主観的表現など)7 ~near~


“Supplementary Examination Guidelines for Determining Compliance with 35 U.S.C. §112 and for Treatment of Related Issues in Patent Applications” (Feb. 9, 2011)

Young v. Lumenis, Inc. (Fed. Cir. )

代表的なクレーム:
1. A feline onychectomy surgical method using a laser cutting instrument, the method comprising:
(a) forming a first circumferential incision in the epidermis near the edge of the ungual crest of the claw, thereby severing at least some of the epidermis from the ungual crest;
(b) applying cranial traction to the epidermis severed from the ungual crest to displace the distal edge of the epithelium cranially;
(c) incising the extensor tendon near its insertion on the ungual crest;
(d) incising the synovium of the PII-PIII joint;
(e) applying traction to the claw in the palmar direction for disarticulating the PII-PIII joint;
(f) ablating the medial and lateral collateral ligaments;
(g) incising the digital flexor tendon; and
(h) incising the subcutaneous tissues of the pad of the second phalanx.

United States Patent 6502579 (http://www.freepatentsonline.com/6502579.html)

分析:
裁判所は、クレームに記載の“near the edge of the ungal crest”について35 U.S.C. §112¶2に基いて不明確ではないと判断した。裁判所はまず、“near the edge of the ungal crest”という表現自体を検討し、この表現は「切込み(incision)を爪クレスト端部(the edge of the ungal crest)の表皮又は爪クレスト端部近傍の表皮に入れる」ことを意味すると解釈した。次に、裁判所は明細書の数カ所を参照し、明細書の記載は上記解釈と矛盾しないと判断した。次に、裁判所は図2において“near”の程度を判断するための基準が記載されていると判断した。その根拠として裁判所は、図2において切込みが爪クレスト端部の“near”に設けられる例が記載されていることを挙げ、これによって第1切り込み部の爪クレストとの相対関係が図示されていると述べた。結論として裁判所は、上記クレーム表現及び明細書において、“near”が爪クレストの最端部又は最端部近傍であることが明確に記載されている、と述べた。

MPEP 2173.05(b) “RELATIVE TERMINOLOGY”参照


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP