自然原則


III.   DETAILED GUIDANCE FOR USING THE INQUIRIESの続き3

C.

INQUIRY 2: Natural Principle

Does the claim focus on use of a natural principle, i.e., a law of nature, a natural phenomenon, or naturally occurring relation or correlation? (Is the natural principle a limiting feature of the claim?)

A natural principle is the handiwork of nature and occurs without the hand of man. For example, the disinfecting property of sunlight is a natural principle. The relationship between blood glucose levels and diabetes is a natural principle. A correlation that occurs naturally when a man-made product, such as a drug, interacts with a naturally occurring substance, such as blood, is also considered a natural principle because, while it takes a human action to trigger a manifestation of the correlation, the correlation exists in principle apart from any human action. These are illustrative examples and are not intended to be limiting or exclusive.

For this analysis, a claim focuses on a natural principle when the natural principle is a limiting element or step. In that case, the claim must be analyzed (in Inquiry 3) to ensure that the claim is directed to a practical application of the natural principle that amounts to substantially more than the natural principle itself. So, for instance, a claim that recites a correlation used to make a diagnosis focuses on a natural principle and would require further analysis under Inquiry 3.

If a natural principle is not a limitation of the claim, the claim does not focus on the use of a natural principle and requires no further analysis under this procedure. If the claim focuses on an abstract idea, such as steps that can be performed entirely in one’s mind, methods of controlling human activity, or mere plans for performing an action, refer to MPEP § 2106 to evaluate eligibility.

質問2:自然原則

クレームは自然原則の使用に焦点を当てたものであるか?つまり、自然の法則、自然現象、自然に発生する関係性または相関関係に焦点を当てたものであるか?(自然原則がクレームの限定特徴となっているか?)

自然原則は、自然が生じるものであり、ヒトの手を介さずに生じるものである。例えば、太陽光の殺菌特性は自然原則である。血糖値と糖尿病との関係は、自然原則である。薬剤などの人工的産物が血などの自然に生じる物質と相互作用するときに自然に生じ得る相関関係もまた、自然原則と考えられる。なぜなら、相関関係の兆候を人間の活動により引き出そうとするとき、その相関関係は原則として、人間の活動と解離して存在しているからである。これらは例示事項であり、限定的または排他的であることを意味していない。

自然原則が限定的要素または限定的ステップとなっている場合、この分析では、クレームが自然原則に焦点を当てていることになる。そのような場合、クレームは分析されて(質問3)、クレームが自然原則の実施的適用に関するものであることを確認する必要がある。つまり、自然原則それ自体を実質的に越えているということを確認する必要がある。そのため、例えば、相関関係について記載しているクレームは、自然原則に対する診断焦点を生じ、質問3による更なる分析が必要となる。

<ポイント>

・人間の活動が介在するか否かにかかわらず生じるような内容は、特許法の保護対象とならない。例えば、「太陽光を用いた殺菌」とだけ記載したクレームは、人間の活動が介在するか否かにかかわらず生じるような内容であるため、特許法の保護対象とならない。しかしこのクレームに、「海藻をシートの上に置き、太陽光を浴びせ、太陽光を用いた殺菌を行う海産物生産方法」というように記載した場合、人間の活動が介在するとして特許法の保護対象となり得る。


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP