有効でない限定


III.   DETAILED GUIDANCE FOR USING THE INQUIRIESの続き5

It is not necessary that every recited element or step integrate or relate to the natural principle as long as it is applied in some practical manner. However, there must be at least one additional element or step that applies, relies on or uses the natural principle so that the claim amounts to significantly more than the natural principle itself. Elements or steps that do not integrate the natural principle and are merely appended to it would not be sufficient. In other words, the additional elements or steps must not simply amount to insignificant extra-solution activity that imposes no meaningful limit on the performance of the claimed invention. See id. at 1966. For example, a claim to diagnosing an infection that recites the step of correlating the presence of a certain bacterium in a person’s blood with a particular type of bacterial infection with the additional step of recording the diagnosis on a chart would not be eligible because the step of recording the diagnosis on the chart is extra-solution activity that is unrelated to the correlation and does not integrate the correlation into the invention.

記載された要素またはステップ全てが、実際の適用となるように自然原則と統合または関連している必要はない。しかしながら、自然原則に対する適用または使用となって自然原則それ自体をクレームが越えるようにする少なくとも一つの追加要素またはステップが存在している必要がある。自然原則に統合しておらず単に自然原則へ付加したに過ぎない要素またはステップは、十分でない。つまり、追加要素またはステップは、クレームされた発明の実施に対して意味のある限定にならない不十分な追加解決活動を単に意味しているだけでは要件を満たさない。同書物の1966を参照。例えば、ヒトの血液中におけるあるバクテリアの存在と所定のタイプのバクテリア感染とを相関するステップが診断結果をチャートに記録する追加ステップと共に記載してある感染を診断するというクレームは、特許法の保護対象にならない。なぜなら、診断結果をチャートに記録するステップは、その相関関係判断と関係しない追加の解決活動であり、その相関関係判断を発明中に統合させるようなものではない追加の解決活動だからである。

<ポイント>

・ 特許法の保護対象でないと判断されたクレームに要素またはステップを追加しても、その追加によりクレームが自然原則それ自体を越えるようになっていなければ、クレームは依然として特許法の保護対象でない。

・ 「血中の物質Aの濃度がレベルBを越えた場合にバクテリアCに感染していると診断する診断方法」が特許法の保護対象でないと判断された場合、「血中の物質Aの濃度がレベルBを越えた場合にバクテリアCに感染していると診断する、and診断結果をチャートに記録する診断方法」と補正しても、クレームは依然としてが特許法の保護対象でないと判断され得る。追加要素である診断結果の記録は、クレーム発明の本質である診断をした後の内容と関係がある事項であり、クレーム発明の本質である診断とは直接関係がないからである。


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP