クレーム限定


III.   DETAILED GUIDANCE FOR USING THE INQUIRIESの続き6

Along with integration, the additional steps must be sufficient to ensure that the claim amounts to significantly more than the natural principle itself by including one or more elements or steps that limit the scope of the claim and do more than generally describe the natural principle with generalized instructions to “apply it.” See id. at 1965, 1968. The additional elements or steps must narrow the scope of the claim such that others are not foreclosed from using the natural principle (a basic tool of scientific and technological work) for future innovation. Elements or steps that are well-understood, purely conventional, and routinely taken by others in order to apply the natural principle, or that only limit the use to a particular technological environment (field-of-use), would not be sufficiently specific. See id. at 1968. A claim with steps that add something of significance to the natural laws themselves would be eligible because it would confine its reach to particular patent-eligible applications of those laws, such as a typical patent on a new drug (including associated method claims) or a new way of using an existing drug. See id. at 1971; see also 35 U.S.C. 100(b). In other words, the claim must be limited so that it does not preempt the natural principle being recited by covering every substantial practical application of that principle. The process must have additional features that provide practical assurance that the process is more than a drafting effort designed to monopolize the law of nature itself. See id. at 1968.

統合と共に、追加ステップは、クレームの保護範囲を限定する1以上の要素またはステップを含むことにより、クレーム内容が明らかに自然原理自体以上のものに該当するということを十分に確認できるものとなっている必要があり、自然原理に一般的な指示内容を“適用する”というありふれた記載を超えるものとなっている必要がある。同書物の1965及び1968を参照。追加要素またはステップは、クレームの保護範囲を狭めるものとなっている必要があり、将来のイノベーションに対して第三者による自然原理(科学的および技術的作業に対する基本的ツール)の使用が妨げられる事はない。自然原理を適用するために第三者によってよく知られ、実際に慣習的な、日常的に使用される要素またはステップ、又は使用をある特定の技術的環境(使用分野)に限定するに過ぎない要素またはステップは、十分に具体的なものとはなっていない。同書物の1968を参照。何か重要なものを自然法則自体に追加するステップが付されたクレームは、特許法の保護対象となる。なぜなら、そのような法則の適用であってある特定の特許法保護対象となり得る適用へと、例えば新薬に対する一般的な特許(関連方法クレームを含む)又は既存の薬に対する新たな使用方法などのように、その範囲を限定する事になるからである。同書物の1971を参照。米国特許法100条(b)も参照。つまり、クレームが限定される必要があり、自然原理の実質的な適用すべてがカバーされる事によって自然原理が保護範囲となることを防止される必要がある。そのプロセスは、自然法則自体を独占するために行われた記載を超えていることが実際に確認できるような追加特徴を有している必要がある。

<コメント>

・クレームが自然法則を対象としていると判断されてもあわてる必要はない。適切な限定を行うことにより、自然法則自体が保護対象となることを防止できるからである。


カテゴリ: 日英知財研究

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP